MENU

ピックアップカテゴリー






Instagram

【大切なおしらせ】新型コロナウイルスによるサイト休止・活動縮小のおしらせ

一筆箋 でつくる、ワンランク上の本の楽しみかた

お土産屋さんやミュージアムショップで、必ずと言っていいほど売られている 一筆箋 。
素敵な柄や、可愛いものが多いですが、頻繁にお礼状を書くわけでもないと、なかなか活躍の場を得られないこと、ありますよね。

今回は、お礼状だけじゃない、 一筆箋 の楽しみかたをご紹介します。

本の貸し借りで使用してみる

最近は、タブレットで読書するかたも多いですが、まだまだ紙媒体で読むのがお好みという人も見かけます。

本の貸し借りをする際には、ぜひご自分の好きなページに一筆箋でメッセージを入れてお渡ししてみてください。同じ本を読んでいても、感動する場面や心が動くシーンは、人によって違うもの。

ご自身の大好きなワンシーンを、本を貸したお相手がどう感じたのか?
あとでそんな話をするのも、楽しみが広がります。

未来の自分への手紙にしてみる

一度読んだ本を本棚に戻して、その後読み返す頻度が少ないかたにオススメなのが、未来の自分への手紙として一筆箋を使うこと。

本を読み終えたら、お気に入りのシーンの感想を一筆箋に簡単に書いて、そのページに挟んでおきましょう。
数年後に見返してみると、「こんなこと考えてたんだー!」という驚きと、ちょっとしたタイムカプセルのような懐かしさを得ることができます。

過去の自分の感想を読むことで、現在の自分の成長を感じることができるかもしれません。


今回は、一筆箋でつくる本の楽しみかたについて、ご紹介しました。
お気にいりの一筆箋を購入されたら、ぜひ大好きな一冊で試してみてくださいね。