MENU








Instagram

イベントカレンダー

Tag

まきたそ (72) 美術 (67) ゆな編集長 (63) 美術展 (59) プレスリリース (55) アート (46) ギャラリー (44) 映画 (38) 手帳 (38) 美術館 (31) レポート (28) 現代アート (27) 写真 (14) アート好き (14) アートコラム (13) 映画好き (13) 音楽 (13) 絵画 (13) 企画 (12) グッズ (12) 写真展 (12) 東京 (11) アートの楽しみかた (9) 代官山 (9) 映画好きな人と繋がりたい (9) 東京都美術館 (9) フェルメール (9) ぴあ映画初日満足度ランキング (8) 六本木 (8) AL (8) 文具 (8) システム手帳 (7) インスタレーション (7) 上野 (7) アート鑑賞会 (7) ワークショップ (7) Classy アート鑑賞会 (7) イベント (7) ワインワークス南青山 (6) 自作リフィル (6) 銀座 (6) 六本木ヒルズ (6) ロフト (6) マンスリー (6) 書籍 (6) Classy Academy (5) 石井 江奈 (5) (5) ポーラ ミュージアム アネックス (5) ライフスタイル (5) クラシック音楽 (5) ムンク (4) Bunkamura (4) 世界の名画 (4) 森美術館 (4) アーティスト (4) 国立新美術館 (4) 文具女子博 (4) ギャラリー巡り (4) アート好きな人と繋がりたい (4) マスキングテープ (4) 現代美術 (4) 表参道 (4) 展覧会グッズ (4) 建築 (4) クマのプーさん (4) Fumi (4) Candle 1f (4) クリスマスオーナメント (4) 国立西洋美術館 (4) キャンドル (4) 鑑賞会 (4) ワイン (4) 写真家 (4) PR (4) フリーアナウンサー (3) 北欧 (3) 美術展グッズ (3) 岡本太郎 (3) 川崎市岡本太郎美術館 (3) 手帳お悩み相談室 (3) 動画 (3) クロード・モネ (3) 横浜美術館 (3) ジュエリー (3) 東京国立近代美術館 (3) ル・コルビュジエ (3) 渋谷 (3) アーツ千代田3331 (3) ファッション (3) 美術鑑賞 (3) 名画 (3) レシピ (3) 叫び (3) クマのプーさん展 (3) 新・北斎展 (3) CASE TOKYO (3) グリーグ (3) 中目黒 (3) (3)
【What's New】新着記事をみてみる

【レポート】日本最大級の文具の祭典『文具女子博 2018』あるきまわり編

2018年12月14日(金)から 16日(日)の3日間、東京流通センター(東京都大田区)にて、“見て・触れて・買える”日本最大級の文具の祭典「文具女子博」を開催します。
前日13日(木)に行われたプレス内覧会に参加してきましたので、「絶対楽しめる!文具女子博!」をモットーに楽しさが伝わるようにレポートしていきます! ただ、内覧会の時間が限られていた為、急ぎ足での取材でしたので、ほんの一部のご紹介です。

【レポート】日本最大級の文具の祭典『文具女子博 2018』はじまり編

2Fフロアをあるきまわり


写真なので見にくいかもしれませんが、紫色のマイルドライナーで実際に回った道順を簡単にですが書きました。
編集長的に気になった箇所をチョイスして写真と共に情報をお届けしていきます。

クリアスタンプをはじめ多種多様なデコグッズたち

まずは、第1レーン。(スタート部分のレーン) 近年、“華やかなバレットジャーナル”など中身のカスタマイズが流行っていますが、そちらに使えるようなアイテムがズラーっと取り揃えられていました。
「私だけのノート」「カスタマイズをしてライフログを書きたい」などの夢を叶える素敵なアイテムがきっと見つかることでしょう!

学研ステイフル 「#時間上手文具」


変わったノートを見かけたので、思わずパシャり。右側がTODOを書く専用のスペースがあり、右側とセパレートになっています。その為、「どこに書いたらいいんだろう」問題が起きにくそうなアイテム。カラーも淡ピンクと淡ミントグリーンと女子力高いですね。学生さんにもピッタリですし、オフィスに置いておいたらやる気UP間違いなし!

オリジナルminiノート 製本ラボ


昨年も大人気だったオリジナルノートが更にパワーアップ!専用の背表紙についたのりを溶かして綴じる“熱製本”の体験が出来ます。お好みの色の表紙を選んで、世界に1つだけのオリジナルノートを作りませんか?
*1回500円(税込)/1日限定300名様

新日本カレンダー株式会社「Moon Diary」


月が好きなあなたへ。一日一日、月を愛おしむダイアリーが登場。「文具女子博」数量限定テスト販売だそうです。

365notebook 文具女子博 限定版

日本の自然の中に見られる、美しい彩りを表現したノート。季節や時刻、天候などで様々に変化する、「花」「草」「土」「空」「雲」それぞれを、しっとりと手に馴染む里紙という紙を表紙に採用し表現しています。今回のイベントでは、A6サイズ以上のノートを購入の方に、オリジナルの下敷きをプレゼントしてくれるそうです。


文具女子博オリジナルの消しゴムはんこ、可愛すぎますね!!! コチラのはんこを自身で押すことが可能です。うまく押せますように。

paperable(ペパラブル) フラワー・リーフふせん


一目惚れしたふせんの1つ。透け感がとても美しく、ただ貼るだけでも良し、メモを書いても良し、TODO管理も良しの万能アイテム。

A FLOATING LIFE(フローティングライフ) プランナー・メモパッド

オシャレなデイリープランナーやTODO LISTに魅了されることでしょう。毎日のプランニングを考える時間が楽しくなること間違いなしです。はんこも大人気だそうです!

STÁLOGY 「365デイズノート」 限定ホワイトver.


限定のホワイトカラーA5ノートは、洗練された印象が強かったです。シャキッとしたい時、フラットな気持ちで挑みたい時に使うのにピッタリかもしれませんね。

コクヨ 「ドーナツシール」


スタンプ式のドーナツシール。あの有名なドーナツ店「ミスタードーナツ」とのコラボ。4種類あるので、是非好きなシールをチョイスして見てください。

セーラー万年筆 「四季織マーカー」


万年筆でおなじみのセーラー万年筆。今回先行発売された「四季織マーカー」は万年筆のインクの塗料をアレンジして、筆ペン+細字という組み合わせのマーカーに仕上げています。もちろん素敵な発色です。

COPIC(コピック) 「MY COLOR COPIC SET」


イラストレーター兎村彩野さんによるシンプルイラストワークショップも開催されるコピックブースでは、自分好みのコピックカラーを選んで限定デザインポーチに入れて完成させる限定セット【MY COLOR COPIC SET】をご用意。手帳などに最適なシンプルイラストレシピ付きです。

ダイゴー株式会社 「プラマス」


スケジュールをシンプルに管理できるマスキングテープ。文字が書けてきれいに切ることができます。いつものノートがデイリースケジュールに早変わり!!!

クオバディス・ジャパン 「エルバン」限定インク

限定ロディアメモパッドも目玉商品なのですが、万年筆「エルバン」の先行発売のインク4色が置いています。いままでにないカラーなので是非チェックしてみてください。


2000円以上お買い上げの人に、ノベルティのミニノートをプレゼント。もちろん中紙はダイアリーにも使われているクリーム紙。太っ腹!!!


1Fフロアをあるきまわり

先に謝って起きたいのですが、既に残り時間がほぼなかった為、数箇所しか周れませんでした。ごめんなさい。
それでも頑張ってご紹介させていただきます。

マインドウェイブ シールいっぱい

おなじみのマインドウェイブさん。種類豊富なシールに心奪われます。手帳のポイントに、空白問題にと大活躍ですね。

マークス システム手帳・水性ペンでも書けるマステ

先日発売したばかりのシステム手帳や、会場限定柄の幅広書けるマステがあったりしました。


記念スタンプが押せるスペースがあったので、是非手帳などにペッタンこしてみてください!

ECARO JAPAN(エカロジャパン) 「SLADY -スラディ-」


SLADYは協力製紙メーカーとのタイアップにより開発したオリジナルペーパー Smooth-K を使用したこだわりのシリーズ。Smooth-K は、磨き込むような表面加工を施し、滑らかな書き心地を実現した高級筆記専用紙です。是非試し書きをしてみてください。凄いですよ。


マステバイキングもあります。「あ、100均でよくみるヤツだ!」と思わず足を留めてしまいました。

台湾女子市 台湾文具たち


個性的なデザインや色使いの台湾文具・雑貨を集めた注目の「台湾女子市」。レトロでPOPに謎かわいいデザインで人気のMade In Taiwan(MIT)を、バイヤーが直接現地を訪れて仕入れ、文具女子博の事務局も一緒にセレクト♪これだけのMITがそろうのは文具女子博だけ!!

シヤチハタ(株) にゃんこのしっぽ


正確な商品名は存じ上げないのですが、とても可愛いはんこスタンドを発見しました!押すのが面倒な押印作業も捗りそうですね。

文具女子博 限定アイテム

さすが主催の限定アイテム。野帳ノートをはじめ、ペンやインクキャンドルやチロルチョコ?など、本当にたくさんの種類がありました。思い出にお土産にピッタリですね。

いかがでしたでしょうか? 紹介しきれなかった会社さま、大変申し訳ありませんでした。是非会場へ遊びに行かれる方は、公式サイトにて予習して買うものリストを作成するのがいいと思います!この記事が参考になれば幸いです!

「文具女子博」開催概要

“見て・触れて・買える”日本最大級の文具の祭典「文具女子博」