【書籍】「月」を観るのがもっと楽しくなる★ 天体望遠鏡を使った「月」の観察に役立つ『月の地形観察ガイド』刊行!

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2018年8月6日(月)に『月の地形観察ガイド』を刊行いたします。

私達が、ふだん見上げている「月」。
よく見ると、その表面には大小さまざまな”模様”が見えます。

これらの模様は、クレーター、海、丘、ドームと呼ばれる地形で、それぞれに名称があります。

双眼鏡天体望遠鏡を使って、月を観察すると、びっくりするほどの大きさでクレーターが見え、月面上の地形を詳細に見ることができます。

本書では、月の代表的な地形を紹介し、その名称の由来や地形の特徴、及びでき方などを、詳しく解説

前半部は、実際に月を観察する際に分かりやすいよう、月齢(月の欠け具合)に合わせて、その日に見やすい地形見どころを紹介、
後半部では、地形的に興味深いものを取り上げ解説しました。

さらに、ふだん絶対に見ることのできない”月の裏側”についても、月探査衛星によって撮影された写真をもとに解説しています。

本書は、天文的視点地学的視点の2つの視点から書かれた月の地形解説書で、
月を実際に観察する際、あるととても役立つ「月観察のためのガイドブック」です

天体望遠鏡を持っている方なら、「月」の観察がより楽しめます!

 

【目次】
●月齢順観察ガイド
月齢3/地球照を見る/月齢5/月齢6/上弦/月齢9/月齢10/満月/月齢17/月齢19/下弦/月齢24/皆既月食

●エリア別観察ガイド
コペルニクス/南部の高地/地形の新旧を調べる/雨の海の溶岩流を見る/晴れの海/中央クレーター列/神酒の海/湿りの海/危機の海/静かの海東部/静かの海西部/豊かの海/雲の海/中央の入江/嵐の大洋/アリスタルコス台地/ケプラー~コペルニクス間のドーム/マリウス丘/南東部の高地/中南部の高地/中央部の高地/南西部の高地/氷の海/オリエンタルベイスン/東の周辺部

月面図(表)/月面図(裏)/月の標高図(表)/月の標高図(裏)/月面を楽しむための望遠鏡/LROで楽しむ月の名称

エリア別索引図/用語索引/地形索引

●コラム
細い月を見る/双眼鏡で月を見る/月の満ち欠け/月の正中高度/望遠鏡で見るときに使いやすい月面図

月球儀KAGUYA/月の北は上、それとも下/月の東西/月の首振り運動/月のどこが欠けているの?/クレーターとは?/月の時代区分/地球の溶岩流を見てみよう/アポロ以前の月地図を見る/月のベイスンの年代/クレーターの名前を付けたのは誰?/月の地名の付け方/月の地名の読み方/ルナー・リコナイサンス・オービター(LRO)/月の海が増えた!/クレーターや山の影を見る/月の縦穴は月面基地に最適?/LTP(月の異常現象)/月のドームは小型盾状火山/スコリア丘とは/観測の敵、シーイング/月を見るための接眼レンズ/アポロの本を楽しむ

【著者プロフィール】
白尾 元理(しらお・もとまろ)
東京大学理学系大学院修士課程終了。専門は火山地質学・惑星地質学。現在は写真家・サイエンスライター。著書に『火山全史(岩波書店)』、『火山全景』、『世界のおもしろ地形』、『ゆかいなイラストですっきりわかる月のきほん』(いずれも誠文堂新光社刊)ほか多数。

【書籍概要】
書 名:月の地形観察ガイド
著 者:白尾 元理
仕様:A5判、176ページ
定 価:本体2,000円+税
配本日:2018年8月6日(月)