【大切なおしらせ】新型コロナウイルスによるサイト休止・活動縮小のおしらせ

『ロッド・スチュワート・ウィズ・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団』の日本盤 発売!

11月27日、アルバム『ロッド・スチュワート・ウィズ・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団』の日本盤が発売。ロッドの日本ファンへのコメント、「胸につのる想い」のミュージック・ビデオも到着。

今年ソロ・デビュー50周年を迎えるロッド・スチュワートは、新作『ロッド・スチュワート・ウィズ・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団』(原題:YOU’RE IN MY HEART: ROD STEWART WITH THE ROYAL PHILHARMONIC ORCHESTRA)の日本盤を111月27日に2枚組デラックス・エディションでリリース。この新作は、ロッドの大ヒット曲の数々を新たなオーケストラのアレンジでファンに届けるものです。アルバムにはロビー・ウィリアムズが新たにヴォーカルで参加したヒット曲「イット・テイクス・トゥー」や新曲「ストップ・ラヴィング・ハー・トゥデイ」も収録され、海外ではCD1枚組、2枚組、デジタル配信でリリースされる。アルバムのプロデュースは手掛けるのは、トレヴァー・ホーン。全英のナンバー1シングル「セイリング」、「もう話したくない」、「さびしき丘」や1971年に全米、全英のナンバー1シングルとなった「マギー・メイ」や「リーズン・トゥ・ビリーヴ」他大ヒット曲のオーケストラ・ヴァージョンが収録されている。
「胸につのる想い」のビデオでも、映されているようにオーケストラの収録はアビー・ロード・スタジオで行われている。ロッドは新作のブックレットに以下のようなコメントを寄せている。「正直に言うと、アビー・ロード・スタジオの神聖な廊下を歩きながら、俺はちょっと心配だった。80人かそこらの編成を誇る偉大なロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団が、40年にわたる俺のヒット曲の数々をどんなふうに作り変えてくれたのか、聴きに行くところだったんだ。まあ、心配なんか無用だった。彼らは見事にやってのけてくれたんだから。すべての曲のプロデュースを手掛けたのは、あの素晴らしく、どこまでもエキセントリックなトレヴァー・ホーンだ。それだけでも十分なご褒美なのに、長年の友人のロビー・ウィリアムズと一緒に歌うことまでできてしまった。ブラボー、ブラボー、ブラボー、関わったすべての人達を称えよう。君にもきっと気に入ってもらえると思うよ」

「胸につのる想い」のミュージック・ビデオはこちら

日本ファンへのメッセージ付、トレーラー映像

アーティスト:ロッド・スチュワート
アルバム:ロッド・スチュワート・ウィズ・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団(デラックス・エディション)
11月27日発売
WPCR-18285/86
価格2,700円+税

<<収録曲 >>
(Disc 1)
1 マギー・メイ
2 リーズン・トゥ・ビリーヴ
3 ハンドバッグと外出着
4 セイリング
5 今夜きめよう
6 キリング・オブ・ジョージー(パートⅠ&Ⅱ)
7 もう話たくない
8 さびしき丘
9 胸につのる想い
10 ただのジョークさ

(Disc 2)
1 イット・テイクス・トゥー(ウィズ・ロビー・ウィリアムズ)
2 ステイ・ウィズ・ミー(ウィズ・フェイセズ)
3 燃えろ青春
4 君はハート泥棒
5 エヴリ・ビート・オブ・マイ・ハート
6 フォーエヴァー・ヤング
7 ダウンタウン・トレイン
8 リズム・オブ・マイ・ハート
9 ハブ・アイ・トールド・ユー・レイトリー
10 トム・トラバーツ・ブルース
11 フォール・イン・ラヴ・トゥナイト
12 ストップ・ラヴィング・ハー・トゥデイ