【大切なおしらせ】新型コロナウイルスによるサイト休止・活動縮小のおしらせ

【音楽】TBSラジオゆうゆうワイド にて 秋山ちえ子『かわいそうなぞう』の朗読を放送!!

皆さん、童謡『ぞうさん』のうたはご存知でしょうか?

ぞうさん ぞうさん
おはなが ながいのね
そうよ
かあさんも ながいのよ

幼い頃に口ずさんだあのうた。。。

そちらのモデルになった上野動物園で飼育されていた象のお話しです。

終戦間近の昭和20年、空襲をうける東京で、市民の安全のために動物たちを殺さざるを得なかった、上野動物園の飼育係を描いた実話に基づく物語。身勝手な人間への反省、一方、その人間が持つ優しさと愛情。そして「二度と戦争をしてはいけない」というメッセージを伝えています。

8月11日(土)の「大沢悠里のゆうゆうワイド」では、秋山ちえ子さん(ジャーナリスト・評論家)による、童話『かわいそうなぞう』の朗読を放送します。終戦記念日に合わせた放送は、今年が「51回目」。

秋山ちえ子さんは、一昨年4月、99歳でこの世を去りました。今年、三回忌を迎えます。女性ジャーナリストの草分けとして、“戦争の無い世の中”の実現を強く訴えてこられました。

「大沢悠里のゆうゆうワイド」では、秋山ちえ子さんの思いを引き継ぎ…毎年、終戦記念日に合わせて『かわいそうなぞう』の朗読を放送しています。

戦後73年、「戦争を知る世代」がどんどん減少している今、「かわいそうなぞう」の朗読は、とても大きな意味があります。日本の放送史に刻まれる朗読をお聴きいただき、改めて「平和」について真剣に考えてみてはいかがでしょうか?

【ラジオ情報】
大沢悠里のゆうゆうワイド
TBS RADIO 954
http://www.tbs.co.jp/radio/

【プロフィール】
秋山ちえ子(ジャーナリスト・評論家)
1917
年生まれ、97歳。東京女高師(現・お茶の水女子大)卒。国立東京聾唖学校の教官を経て結婚、退職。’48年よりNHKラジオ放送をはじめ電波と活字の仕事を続ける。NHKラジオ婦人番組「私の見たこと聞いたこと」、TBSラジオ放送「秋山ちえ子の談話室」、「日曜談話室」。番組の終了に伴い、放送の第一線から退くも、毎年815日の終戦記念日に行ってきた『かわいそうなぞう』の朗読は、ライフワークとしてしていた。