【観覧ペアチケット 読者プレゼント実施中!】

“ゴジラリスペクト”を感じるサントラも大ヒット『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』

公開初週の全国映画動員ランキングで1位と大ヒット公開中の映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』。

マイケル・ドハティ監督が「オリジナルには、ゴジラの精神と魂があり、アメリカ映画として初めてそれを使うことが重要だった」というその音楽も、伊福部昭「ゴジラのテーマ」(「Godzilla Main Title」 DISC2 Track7/「Old Rivals」DISC1 Track7)、古関祐而「モスラの歌」(「Mothra’s Song」DISC2 Track7)が登場。その使用シーン、使われ方が絶賛されている。

これまでの『ゴジラ・シリーズ』へのオマージュも感じさせるサウンドトラックのCDも急遽発売決定した。その輸入盤に「昭和ゴジラオマージュ特製帯」を付けた日本のみの仕様ジャケットが公開。帯付きCDを手に取り感激のマイケル・ドハティ監督からのメッセージも到着した。

監督が「書体を見ただけでいろいろなことを思い出す」というCDには、オリジナルの“ゴジラ”のフォントを使った帯が添付。昭和のポスターを髣髴とさせるデザインに感激もひとしおだ。今年生誕65周年を迎える、日本が世界に誇る唯一無二の怪獣王“ゴジラ”と、昭和、平成、令和を過ごしてきたファンなら監督同様「やはり、これでなきゃ!」ということ請け合い。裏面にも思わずニヤリとしてしまう仕掛けのある、まるで特典のような帯付きのCD盤を、配信全盛の現代だからこそぜひ手に取ってほしい。

そして今回、オリジナル・サウンドトラックリリース元である、ウォータータワー・ミュージックのYouTube公式チャンネルで、サウンドトラックの録音風景を収めたメイキング映像が公開された。「ゴジラのテーマ」にのるKAKEGOE PERFOMERSによる掛け声!「ギドラのテーマ」を神秘的にするBUDDHIST CHANTSによる般若心経!日本を意識させる見逃せないメイキングの数々を堪能していただきたい。

映画はもちろん、その興奮をあますことなく甦らせるサウンドトラックCD、また、ダウンロードではサントラチャートを大進撃中だ。

【発売情報】
●ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK GODZILLA KING OF THE MONSTERS
●発売日:2019年5月31日
●価格 品番:輸入盤価格 9404 320027
●仕様:輸入盤「昭和ゴジラオマージュ特製帯仕様」 ワーナーミュージック・ジャパン出荷分
●WARNER MUSIC JAPAN:
https://wmg.jp/ost/discography/21102/

アルバムの購入/ダウンロード/ストリーミングはこちら:
https://WarnerMusicJapan.lnk.to/GodzillaKOMSoundtrackPu

【収録曲】
【DISC1】
1.Memories of San Francisco
2.The Larva
3.Welcome to Monarch
4.Outpost 32
5.Ice Breaker
6.Rise of Ghidorah
7.Old Rivals
8.The First Gods
9.Rodan
10.A Mass Awakening
11.The One Who is Many
12.Queen of the Monsters
13.For Andrew
14.Stealing the Orca
15.The Hollow Earth
16.The Key to Coexistence
17.Goodbye Old Friend

【DISC2】
1.Rebirth
2.Fog Over Fenway
3.Battle in Boston
4.Redemption
5.King of the Monsters
6.Godzilla (feat. Serj Tankian)
7.Mothra’s Song
8.Ghidorah Theme
9.Godzilla Main Title

【映画情報】
ハリウッド版『GODZILLA』最新作
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』
監督マイケル・ドハティ
脚本マイケル・ドハティ ザック・シールズ
製作:レジェンダリー・ピクチャーズ ワーナー・ブラザース
配給:東宝
大ヒット公開中
https://godzilla-movie.jp/