【大切なおしらせ】新型コロナウイルスによるサイト休止・活動縮小のおしらせ

若き天才グザヴィエ・ドランが5年に及ぶ構想期間を経て、初の英語作品となる映画『 ジョン・F・ドノヴァンの死と生 』

ジョン・F・ドノヴァンの死と生

若き天才グザヴィエ・ドランが、衝撃のデビューから10年を経て、ハリウッドの豪華キャストとタッグを組んだ『 ジョン・F・ドノヴァンの死と生 』が2020年3月13日(金)より劇場公開致します。2009年、『マイ・マザー』でカルチャーシーンを一変させた映画監督グザヴィエ・ドラン。その後、新作を発表するたびに権威ある国際映画祭を席巻し、『Mommy/マミー』でカンヌ国際映画祭審査委員賞を受賞、前作『たかが世界の終わり』ではカンヌ国際映画祭グランプリの栄誉に輝きました。そんな彼が5年に及ぶ構想期間を経て、初の英語作品となる本作が生まれました。

美しきスターの謎に包まれた死から10年。
少年との“秘密の文通”によって明かされる死の真相。

舞台はニューヨーク、ロンドン、プラハ──物語は主人公の死から幕を開ける。大ヒットTVシリーズに出演し、一躍スターの座へと駆け上った、人気俳優のジョン・F・ドノヴァンだ。自殺か事故か、あるいは事件か、彼の死は謎に包まれていた。それから10年の歳月が過ぎ、ドノヴァンと当時11歳の少年だったルパート・ターナーの“秘密の文通”が一冊の本として出版される。今では注目の新進俳優となったルパートが、100通以上の手紙の公開に踏み切ったのだ。さらにルパートは、著名なジャーナリストの取材を受け、すべてを明かすと宣言するのだが──。

映画監督グザヴィエ・ドランとは?

©2018THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.

1989年、カナダ・ケベック州出身。監督、脚本家、編集者。幼少期より映画やテレビ番組に出演する子役出身の俳優。自身が19歳の時に監督、主演、脚本、プロデュースをした半自叙伝的なデビュー作『マイ・マザー』で国際的に高い評価を得ます。その後、新作を発表するたびに権威ある国際映画祭を席巻し、『Mommy/マミー』でカンヌ国際映画祭審査委員賞を受賞、前作『たかが世界の終わり』ではカンヌ国際映画祭グランプリの栄誉に輝きました。
映画の監督以外では、本作のオープニング曲を担当したシンガーソングライター・アデルのミュージックビデオを手掛け、カナダのグラミー賞に値するジュノー賞で年間最優秀賞に輝きました。5年に及ぶ構想期間を経て満を持して挑んだ本作は、カナダで子役として活躍していた8歳のグザヴィエ少年が、“憧れだったスター”レオナルド・ディカプリオに宛てた手紙から生まれた物語です。

ハリウッドの豪華キャストが最高峰の演技で贈る

©2018THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.

ジョンには、TV シリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」で絶大なる人気を集めたキット・ハリントン。さらに、ナタリー・ポートマン、キャシー・ベイツ、スーザン・サランドンという 3 人のアカデミー賞女優と、『ルーム』で観る者を感涙させた奇跡の子役ジェイコブ・トレンブレイの豪華共演が実現。
アデル、ザ・ヴァーヴなど歌詞と物語がシンクロする絶妙な音楽、登場人物のほとばしる感情に揺れる映像で、セレブの光と影、映画界の表と裏に迫ります。自身の実体験からドランがたどり着いた答えに胸が熱くなる、人生の真実に迫る一本をぜひスクリーンでお楽しみください。

映画公開情報

『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』
2020年3月13日(金)より劇場公開

監督:グザヴィエ・ドラン
脚本:グザヴィエ・ドラン、ジェイコブ・ティアニー
出演:キット・ハリントン ナタリー・ポートマン スーザン・サランドン ジェイコブ・トレンブレイ キャシー・ベイツ
提供・配給:ファントム・フィルム、松竹 PG12 カナダ・イギリス映画/スコープサイズ/上映時間:123分
公式HP:https://www.phantom-film.com/donovan/
原題:The Death and Life of John F. Donovan
©2018THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.