【読者プレゼント実施中!】超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵

【おうちカフェ】おうちでドリップコーヒーを淹れてみよう

ノンビリしたい時、おうちで美味しいコーヒーを飲みませんか?
エスプレッソマシン?そんなモノはなくて大丈夫です。
コポコポ……と音を立てながら、ゆっくりと抽出していく時間。
豊かな薫りが部屋中に充満して素敵なひとときに。
簡単に始められるドリップコーヒーで、美味しいコーヒーを淹れて癒されましょう。


Photo by rawpixel on Unsplash

 

用意するモノ

  • コーヒー豆(あらかじめ挽いてあるものでOK)
  • ドリップ用ペーパーフィルター
  • ドリッパー
  • コーヒーサーバー

オススメするコーヒー豆

オススメする豆は、エチオピア・モカ・イルガチェフェ という豆です。

苦味を楽しむのがコーヒーだという方には衝撃的な豆かと思われます。
とてもフルーティーな爽やかななテイストで、香ばしさも含まれているという感じです。
ブラックは勿論の事、カフェオレなどにも相性が良いコーヒー豆です。
なかなか市販で売られていない為、是非この機会に知っていただけると嬉しいです。

基本的なドリップコーヒーの淹れ方

手順1
1:セットする
まずは道具のセットです。サーバーにドリッパーをのせ、ドリッパーにドリップ用ペーパーフィルターをセットします。
コーヒー豆が溢れないよう、折り曲げる部分はちゃんと曲げましょう。
手順2
2:挽いたコーヒー豆をセットする
コーヒー豆をセットします。量は1杯につき基本10〜12g程度。
なるべく均等に平らになるようにセットしましょう。
手順3
3:蒸らしタイム
沸騰したお湯を注ぎますが、まずは豆を蒸らします。
100cc前後(豆全てにお湯が浸かる程度)を注ぎ30秒〜1分蒸らします。
この「蒸らしタイム」が大変重要で、やるのとやらないとでは味に違いが出ます。
手順4
4:お湯を淹れる
蒸らしが終わったら、お湯を少量ずつゆっくり淹れます。
蒸らしをちゃんと行なっていると、コーヒー豆がフワっと膨らみます。
そして炭酸ガスが吹き出ている為、表面がコポコポと発酵しているような形で動きます。
そこからとてもいい薫りが漂います。
あとは、全てのお湯が落ちたらコーヒーの完成です。

淹れた後は消臭剤へ再利用

淹れた後のコーヒー豆の殻は、消臭効果がとても高いので捨てずに消臭剤として利用しましょう。
トイレ・キッチン・クローゼット・シューズボックスなど、普段から気になる場所に置くと良いです。
*湿気が多い為、必ず乾燥させてから置きましょう。

オススメのコーヒーマニュアル本

初心者でも分かりやすいコーヒー本をご紹介します。
オススメの器具やコンビニでも買えるコーヒー豆の紹介、コーヒーの淹れ方の種類などが載っています。
永久保存版な1冊です。