【観覧ペアチケット 読者プレゼント実施中!】

青山フラワーマーケット「花屋が作ったフレグランス」月明りの下で香る花「チューベローズ」が新登場!

パリ・ロンドンでも話題のフラワーショップ、「青山フラワーマーケット」は、人気の「花屋が作ったフレグランス」の新しい香りとして、「チューベローズ」を9月15日(日)より国内105店舗及びオンラインショップにて発売します。

月明りの下で香る花「チューベローズ」


チューベローズは日中ではなく、月が出る夜にかけて香りが増すため、和名では「月下香(げっかこう)」と呼ばれます。香りが甘く濃厚でエキゾチックなため、「危険な快楽」という花言葉がつけられました。また、フランスでは香水の原料としても多く栽培されています。青山フラワーマーケットでは試作を重ね、その最大の魅力である本来の香りを引き出すことに成功しました。チューベローズは9月に旬を迎え、店頭に並ぶため、同様にフレグランスも9月から販売します。

「花屋が作ったフレグランス」とは

「Living With Flowers Every Day」という青山フラワーマーケットのブランドコンセプトを踏襲し、1輪の花を飾るように、気軽に花の香りを楽しんでいただきたい、という想いからフレグランスを開発し、2013年から4種類を発売。花や緑が持つ繊細でみずみずしい香り、またその中に眠っている美しさや華やかさを、フラワーショップならではの視点で忠実に再現しました。そのコンセプトが他社のフレグランスとは一線を画しており、今まで約40,000本以上を販売し、ご好評をいただいています。現在はチューベローズの他に、ローズ、ミュゲ、ピオニーの3種を販売。

「チューベローズ」商品概要

商品名:青山フラワーマーケット オードトワレ チューベローズ
発売日:2019年9月15日(日)
販売場所:全国の青山フラワーマーケット店舗 および オンラインショップ
販売価格:各50ml 2,500円(税抜)