【大切なおしらせ】新型コロナウイルスによるサイト休止・活動縮小のおしらせ

【Classy アート鑑賞会 vol.13】『 クリスチャン・ボルタンスキー Lifetime』アフターレポート

ライフスタイル系WEBマガジンにて美術展や映画の紹介記事をはじめ、
カルチャー系を中心に執筆活動している、ライターの新麻記子です。

先日、国立新美術館で開催されている『クリスチャン・ボルタンスキー Lifetime』展にて
レクチャーを行いました【Classyアート鑑賞会 vol.13】が無事に終了いたしました☆

今回アート鑑賞会の題材として選んだ…『クリスチャン・ボルタンスキー Lifetime』は、
フランスを代表する現代美術作家であるクリスチャン・ボルタンスキーによる、
50年にわたる様々な活動の全貌を紹介している過去最大規模の回顧展です☆

大地の芸術祭瀬戸内国際芸術祭などの芸術祭に出品しておりまして、
国内でも個展を開催するなど日本とも縁深いアーティストなんですよ♪

参加者様には…

今回、既にボルタンスキーの存在をご存知でいらっしゃる方はもちろんのこと、
本展覧会に足を運んだけれど何と無く分かるけど…わからない…という方や、
もっと、もっと、作家のメッセージを受け取りたい!という意欲的な方まで!

Classy Academy 代表・写真家である石井 江奈さんの写真家友達をはじめとし、
ご新規様やリピーター様を含めて計10名で会場を巡りました…
ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございます(涙)

今回、本当に難しかった…_:(´ཀ`」 ∠):_ …

ボルタンスキー作品が人間の 存在 / 不在 をテーマにしてることから、
ずしーんと気持ちが重くなったり、故に苦手が生まれてしまったり…
私自身もちゃんと理解するまで作品から負のイメージだけを受け取ってしまい、
ボルタンスキーの背景や意図に気付けるまで苦しい日々を過ごしておりました。。。

その上で、作家のことはもちろん、現代アートの楽しみ方の提案…
【classy アート鑑賞会】自体を面白いと感じていただけるかなど、
めちゃめちゃ悩みまくって、明後日の方向などに寄り道し←
江奈さんと何度も打合せを重ねて挑んだ本鑑賞会!!!

その甲斐あって…努力が実った!!!と言っても過言ではないほど、
参加者様からの反応や感想を頂戴しましたのでご紹介させていただきます。

 

会にて作家の背景 / 作品の解説を通じて、彼のメッセージを紹介させていただき、
時折、参加者様にもそのメッセージからどのように感じるかなどを問いかけながら
自分の視点では気付けなかったことや新たな作品の見方に導く機会をになれたことに…
【classy アート鑑賞会】の本質的な部分があるのだと改めて実感できました( •ॢ◡-ॢ)-♡

でも、それと同時に私自身もその時々の参加者様次第で、
視点が変わる楽しみや知らない情報を頂戴しているのも事実で…
さらに自分の想像力を膨らませ、学びにさせていただいています!

今回、参加者様のひとりからボルタンスキーの作品と共通点があるかも!っと
お話ししてくださった”恐山”にある極楽浜の風車や八角円堂…
ちょっと怖いけど行ってみようかしら(⌯¤̴̶̷̀ω¤̴̶̷́)✧

そんな素敵なことを教えてくださった写真家・町田さんのブログはこちら☆
【classy アート鑑賞会】のことをご紹介してくださってます!
URL→https://quadblue.net/boltanski/

私自身、鑑賞会の経験を積んでグレードアップしていきたいですし…
それと同時に、まだまだ未熟者ではありますが、私のような【アートの啓蒙活動的??】な…
そうでなくても【アートの関係人口】が増えたらいいな♪ と考えています。
なんか、ソトコトの指出編集長みたいなこと言ってるけどw

ボルタンスキーの様々な作品に触れていると…
人間は儚く弱い生き物が故、当たり前のことですが、
一個人のことなんて簡単に忘れ去られてしまうと痛感します。

ですが…人間の創造性として芸術は後世に遺されていくと信じてます。
でも、時代を超えて愛されているもの、時代を超えて大切にされているもの、
その紡ぎ手となるような人を増やしていかないと危うくなると感じていて…

私は芸術を想うことは…作家はもちろんのこと、作品に関わる人すべて、
そしてその時代を生きた人たちに想いを馳せて慈しむことだと思うんですよね。
『彼等が居てくれたから、今の時代がある=私という存在がいる!』みたいな…
それでいて、それを後世に伝えていかないと申し訳ない感で胸が苦しい。。。

その時代の人たちを理解したいと願う同情と、どう足掻いても理解し得ない孤独を抱え、
その心の葛藤を抱えながら“芸術”という名の教材から「人間」を問いつづけたら…
どんな未来でも作り出していけるように思います。

うわー。ちょっと真面目すぎたなwww
これ、完全私の黒歴史の1ページに刻まれるやつだ(笑)
ま…似たようなことをインタビューで言っているんですけどね。

さて、さて、気を取り直して…
次回は9月11日(水)19:00〜 三菱一号館美術館にて開催されております
マリアノ・フォルチュニ展 織りなすデザイン展』にてレクチャーを行います♪

そして、感想にもございますが…
10月は森美術館にて開催中の『塩田千春展:魂がふるえる』にて
【classy アート鑑賞会】を実施しますので、そちらもどうぞよろしくお願い致します!

また、詳細等は別途案内させていただきますね☆

【レポート】 クリスチャン・ボルタンスキー ーLifetime