【Classy アート鑑賞会 vol.9】『六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展 カタストロフと美術のちから展』アフターレポート

ライフスタイル系WEBマガジンにて美術展や映画の紹介記事をはじめ、
カルチャー系を中心に執筆活動している、ライターの新麻記子です。

先日、六本木・森美術館で開催中の…
六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展 カタストロフと美術のちから展』にて
レクチャーを行いました【Classy アート鑑賞会 vol.9】が無事に終了いたしました☆

参加者様には…
共催しているClassy Academy 代表・写真家である石井 江奈さんの仕事仲間をはじめとし、
Instagramで興味を持ってくださったご新規様や参加が複数回となるリピーター様を含め、
計13名で現代アートが織りなす会場を巡りました…めちゃめちゃ大所帯!(涙)
ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございます。

坂茂『紙の大聖堂』で記念撮影♪

主催者2人は焦りに焦っていました…!!!←「またか!」という声が聞こえてきそう。
今回、作品のレクチャーをさせていただく身でありながら、
前々日からの急性胃腸炎で2本点滴を打つことになってしまい、
会に遅刻しそうになったからです…というか、遅刻してしまいましたorz
時間を繋いでくださった江奈さん!本当にありがとうございました!

悔やんでも後の祭り…というか、私的カタストロフ(大惨事)を正に転ずるため、
遅刻を挽回すべく!いつも以上に熱が入ったレクチャーになりました!

あるリピーターの方からは…
「前回より、お喋りが上手くなっていませんか?!」という言葉を頂戴するほど。
いい意味で心が引き締められていたのと、強制的に肩の力が抜けていたのだと思います(笑)

展示室ではカタストロフ(大惨事)を疑似体験できるダイナミックな作品だけでなく、
視覚的に楽しませくれるけれど背景を知ると距離を置きたくなってしまう作品他、
未来志向のある希望が汲み取れるものまで…
一つ、一つ、作品と向き合う参加者さんたちの顔は真剣!!!

レクチャーを通じて…アート作品から受け取ったメッセージはもちろんですが、
他参加者さんと感想を共有することで、また新たな側面に気付いたことを踏まえ、
今一度社会を考えるキッカケを担えたら嬉しいです^^

classyアート鑑賞会の様子

複数名の参加者様からいただいた感想はこちら…

主催者冥利に尽きるあたたかいご感想をありがとうございました。

頂戴した感想の中に『アビーロード楽しみにしています』とあるのは…
鑑賞会時に、その展覧会に関連づけたファッションを心がけているのですが、
本展覧会の展示作品の一つである『難破船』を手掛けたオノ・ヨーコから派生させ…
ジョン・レノン→ビートルズ→心の声をあらわして「HELP!」のセーターを着用しました!
次回は「アビーロード」を着れるように、万全の体調で挑みたいと思います(苦笑)。

負を正に転ずる「美術のちから」を感じられる本展覧会は今週まで!
是非、足を運んでみてくださいね☆

展覧会情報
六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展
カタストロフと美術のちから展
会期:2018年10月6日(土) 〜 2019年1月20日(日)
会場:森美術館
時間:10:00〜22:00
※火10:00〜17:00
※いずれも入館は閉館時間の30分前まで
※会期中無休
※2019年1月1日(火・祝)は22:00まで
料金:一般 1,800円、学生( 高校・大学生 )1,200円、子供(4 歳―中学生 )600円、シニア(65 歳以上 )1,500円
※表示料金に消費税込
※本展のチケットで展望台 東京シティビューにも入館可(スカイデッキを除く)
※スカイデッキへは別途料金がかかります
【レポート】負を正に転ずる「美術のちから」に注目!『六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展 カタストロフと美術のちから展』