【What's New】新着記事をみてみる

【Classy アート鑑賞会 vol.8】『ムンク展 ー共鳴する魂の叫び』アフターレポート

ライフスタイル系WEBマガジンにて美術展や映画の紹介記事をはじめ、
カルチャー系を中心に執筆活動している、ライターの新麻記子です。

先日、東京都美術館の『ムンクー共鳴する魂の叫び』にておこなった
Classy アート鑑賞会 vol.8】が無事に終了いたしました☆

参加者様には…
共催しているClassy Academy 代表・写真家である石井 江奈さんのお友達や、
私がキュレーターをさせていただいてるワインワークス南青山にて
一緒にアーティストイベントを企画している卯月りんさんをはじめ、
参加が複数回となるリピーターさんを含めまして計7人で会場を巡りました。

東京都美術館に到着するなり、30分待ちの表示看板を発見し、
…会場入りするまでの長蛇の列!!!

主催者2人は焦りに焦っていましたが…
少し早めに会場入りすることができ、解説できるスポットを抑えておき、
「トラブルも楽しもう!」という気持ちで乗り切ることができました☆
混雑状態が功を奏したのか、ギュッとなりながら巡り、
参加者様同士も自然と会話が生まれて和気藹々楽しい会になりました^^♪

鑑賞会の途中でムンクの感想をいただいたところ…

◉「生命のフリーズ」の意味を踏まえて《生命のダンス》に描かれている
白いドレスの女性は純粋、赤いドレスの女性は愛欲、黒いドレスの女性は加齢…
解説を通じて人間の一生を描いていることがわかりました!
また、顔を描いていないのはどうしてなのかな?といい意味で掻き立てられました^^
作風が写実的だったことや、実はビジネスマン的側面もあったり、
ムンクに対して持ってた印象が変わりました!(40代 女性)

◉人生の出来事が顕著に作品に表現されていますね。
マイナスのことがあっても、キャンパスに起こして、キチンと感情を消化していること…
だから、タイトルにはマイナスワードが多いし。。。
実際に家に飾りたいかと言われると…一緒に住めませんね(笑)
こちらが負のオーラーに負けちゃいそうだなって☆(30代 女性)

◉ムンク作品を鑑賞しながらゴッホとの共通点があると思いました。
数多く自画像を描いているところ然り、うねるような背景が似ていると感じました。
だけど、ゴッホは人物よりも背景で、ムンクは背景よりも人物で。
腕とか、表情とか、描き方もダイナミックに描かれていました!(20代 女性)

◉今回は芸術新潮で予習をしてきて《接吻》を鑑賞したいと参加しました!
その他にも《メランコリー》から《叫び》につなげる流れはもちろん、
《嫉妬》や《不安》など気持ちを素直に表しているところが
分かりやすくて鑑賞していて気持ちが良かったです^^(50代 男性)

◉《叫び》ぐらいしか知らなかったんですけど…
現代では当たり前だけど…ムンクはマイナス面を描く先駆者だった。
マイナス面を表現すること、それが普遍性に繋がっていく。
そして、ノルウェーのフィヨルドから眺める景色…
生まれた土地がそういう気持ちにさせるのかな?って思いました。
ムンクがアメリカの人だったらそうはなっていないだろうから、
生まれた土地が関係することの大きさを感じました。
後、一応ちゃんと描いているけど…
遠近法の比率が悪くてぐちゃぐちゃなのが面白かった(40代 男性)

主催者冥利に尽きる素敵なご感想をありがとうございました。
それぞれの着眼点から捉えた、ムンクやムンク作品への考察が面白い!
個々で発見したことを共有しながら、さらに新しいことを発見できる…
もちろん! 1人で鑑賞することもアートの楽しみ方の1つなのですが、
多人数で鑑賞することで新しい世界が広がっていくのも素晴らしいですね☆

私はムンク作品を鑑賞していると…
どこまでも男女の関係を描くことから、その考え方に縛られすぎていて、
幼少期から病弱であることに加えて、画家として創作に専念するために
独身を貫いたムンクに母性本能がくすぐられまくりでした(笑)
あー 生きてたらギュッとしてあげたいわ^^

こちらは当日のレジュメとムンク靴下♪ ←お気に入り

東京都美術館の『ムンクー共鳴する魂の叫び』は1月20日(日)まで開催中!
ぜひ、《叫び》も!《叫び》以外も!色んなムンクを知ってみてください☆

展覧会情報
『ムンク展―共鳴する魂の叫び』
会期:2018/10/27(土)~2019/1/20(日)
会場:東京都美術館 企画展示室
時間:9:30~17:30
※金曜日、11/1(木)、11/3(土・祝)は20:00まで
※入室は閉室の30分前まで
休室日:月曜日(ただし、11/26、12/10、12/24、1/14は開室)、12/25(火)、1/15(火)
年末年始休館:12/31(月)、1/1(火・祝)
HP:https://munch2018.jp
問い合わせ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)
【レポート】世界最大のムンクコレクションが来日!多面的なムンクに触れて『ムンク展―共鳴する魂の叫び』