【Classy アート鑑賞会 vol.5】『ショーメ展』アフターレポート!

ライフスタイル系WEBマガジンにて美術展や映画の紹介記事をはじめ、
ファッション系の記事なども執筆している、ライターの新麻記子です。

先日、丸の内・三菱一号館美術館にておこないました、
【Classy アート鑑賞会 vol.5】が無事に終了いたしました!

参加者様には私の繋がりからInstagramのフォロワーさん、
そしてClassy Academy 代表・写真家である石井 江奈さん
アナウンサー時代にお世話になった放送作家さんまでいらしていただき…
ショーメ展』にて展示されている優美なジュエリーを鑑賞しました。

ハイジュエリーブランドの名門・ショーメ(CHAUMET)…
1780年創業者マリ=エティエンヌ・ニトによって生み出されたそのブランドは、
ナポレオン1世と皇妃ジョゼフィーヌのフランス王室のみならず、
イギリスなどのヨーロッパ諸国の王室に愛されました。

約240年間芸術的なジュエリーを数多く生み出し、
伝統を重んじつつも今尚革新性を追求しつづけているショーメ。
会場内の8つのパートを巡り、約300点もの作品を鑑賞しながら、
“ブランドが愛されている理由”に着目してレクチャーをしました!

そこで!
参加者様からのお声を頂戴いたしましたので、いくつか紹介させていただきます。

 

   

 

あたたかい感想を糧に…
もっと、もっと、アート好きの方々が楽しめる場を作っていきたいです!
私達は約240年間続くショーメの展覧会から伝統と革新に触れることができます。
そんな作品から感性を刺激してもらったり、精神を豊かにしてもらったり
…それは大切なこと。

ですが…もう一歩だけ踏み込んでほしい!
作家や作品の背景を理解することは、人と向き合うということと同じです。
それは、必ず自分の学びになります。

今回の展覧会を選ばせてもらったのは…
どのようにしてブランドを存続することができたのか、
どのようにして人に愛されるブランドになったのか、
その魅力に迫ることで、一緒に新たな発見に触れ、
自分の学びへと昇華してほしい想いからでした。

まだ、ショーメ展を訪れていらっしゃらない方は…
優美なジュエリーから伝統と革新、そして愛される理由を探ってみてはいかがでしょうか。
また、本媒体でもご紹介させていただいている渋谷区立松濤美術館にて開催されている
ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展』も
合わせてご覧になってみてください!
上記の展覧会ではナポレオン1世が身に纏いていた繊細なレース、
『ショーメ展』ではナポレオン1世が身に付けていたジュエリー。
同時代の宝飾芸術に触れられながら想いを馳せていただくことで、
多面的に理解することができてオススメです^^
美術展情報
『ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 1780年パリに始まるエスプリ 展 』
会期:2018年6月28日(木)〜9月17日(月・祝)
会場:三菱一号館美術館(東京都千代田区丸の内2-6-2)

時間:10:00〜18:00(入館は閉館時間の30分前まで)
※金、第2水、9月10~13日は21:00まで
休館日:月(7/16、9/10、17、トークフリーで―の7/30、8/27は開館)
公式サイトhttps://mimt.jp/chaumet/