【読者プレゼント実施中!】超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵

「 奇蹟の芸術都市バルセロナ 」展【会場レポ】

奇蹟の芸術都市バルセロナ

現在、東京ステーションギャラリーにて開催中の「 奇蹟の芸術都市バルセロナ 」展。ガウディ、ピカソ、ミロ、ダリ、偉大な巨匠達を生み出し、特異な芸術文化を形成してきましたスペイン・カタルーニャ自治州の州都であり、地中海に面した港湾都市であるバルセロナの魅力の源泉に迫る本展覧会をご紹介します。

特異な芸術文化を形成してきましたバルセロナ

スペイン・カタルーニャ自治州の州都であり、地中海に面した港湾都市であるバルセロナは、食文化、スポーツ、世界遺産など豊かな観光資源で人々を魅了しつづける国際都市です。そして古代に遡る豊かな歴史とともに、19世紀には産業革命を経験したことにより、経済・文化面の先進性とをあわせ持っていました。本展覧会では、その魅力の源泉を探るべく、バルセロナの近代化を促進させた都市計画の誕生(1859年)からスペイン内戦(1936-39年)に至るまで、約80年間に生み出された芸術文化を辿りながら、絵画、彫刻、家具、宝飾品など約130点もの展示作品を通して、世紀末カタルーニャに満ちた熱気をあますことなく伝えます。

本展覧会で面白かったポイントをご紹介!

歴史に注目!過酷な労働はイギリスだけじゃなかった!

19世紀、産業革命に伴った人口増加に悩まされたバルセロナでは、世紀中頃以降に旧市街の市壁が取り壊され、市域が拡大するとともに、都市の近代化が急速に進みました。そんな産業革命により好調な経済の裏側には、コスモポリスの光と影が存在しました。例えば、こちらの絵画作品…右側は町の繊維工場で働かされる少女の一瞬を捉えていますが、「子どもは6歳で働きに出される」や「平均寿命は23歳ほど」とキャプションに綴られていました。こういった絵画作品から残酷は真実が読み取れることも大切なことですね。

ガウデイだけじゃない!他建築家館による作品も注目!

そんな産業革命により好調な経済の裏側には残酷な真実だけではありません。自らの教養の深さと趣味の良さを競ったブルジョワたちのオファーにより、優雅な生活を満喫するための華やかで独創的な建築がバルセロナの街を彩りました。会場では、建築家アントニ・ガウディ、ドゥメナク・イ・ムンタネー、プッチ・イ・カダファルクの仕事を中心に、絵画、映像資料、建築装飾、家具調度類、宝飾品などにより、贅の尽くされた彼らの生活の様子をご紹介します。各建築家の表現の共通点や相違点を導き出しながら鑑賞してみると面白さが導き出せると思います。

作品からわかる人間関係を紐解いてみよう!

19世紀末~20世紀初頭には、当時芸術の中心地であったパリの美術動向を吸収しつつ、自らのアイデンティティに基づいた新たな芸術の創造を志向したカタルーニャの若き芸術家たち。その動向を、当時のバルセロナ芸術界をリードしたカタルーニャ出身作家サンティアゴ・ルシニョル、ラモン・カザスの仕事を中心に紹介します。パリのモンマルトルで2年間の共同生活を送り、そこで新たな芸術表現の感触を得たルシニョルによる絵画作品から、エコール・ド・パリに花開いたモンマルトルで生きた人々の人間関係が楽しめることでしょう。会場では、モンマルトルの情景を多く遺したモーリス・ユトリロの母であり、著名な画家のモデルで自身の画家であるシュザンヌ・ヴァラドン。その他にも、父親のミケル・ウトリーリョ。また、母親と一時期交際していた音楽の異端児とも呼ばれたエリック・サティもご覧になれます。

美術界きってのスターたちの共演

スペインの過渡期と言っても過言ではない約80年間のうちに生み出された芸術文化を辿り、絵画、彫刻、家具、宝飾品の展示作品を通してバルセロナの魅力の源泉に触れられた本展覧会。当時のカタルーニャに花開き咲き誇った芸術の精華を存分に味わえるまたとない機会です。また、会期中3月1日(日)~3月15日(日)の期間、受付にてご本人様の学生証提示で入館料が無料、東京アートフェア2020などと連動したサービスもございますので、併せてご利用してみてはいかがでしょうか?ぜひ会場で美術界きってのスターたちの共演をお楽しみください。

編集部からの一言

この展覧会の評価
会場の広さ・快適度
(3.5)
作品群のボリューム
(4.0)
展覧会グッズの充実度
(5.0)
総合評価
(4.5)

まきたそ

約80年間にわたって生み出されたスペインの芸術文化を紹介する本展覧会!…美しい絵画作品ひとつ、煌めくジュエリーひとつ、その背景に込められたストーリーを紐解いていくと、歴史の教科書ではスポットが当てられていない事実に触れられる。そんな発見の面白さに改めて気付かされました!
展覧会情報

「奇蹟の芸術都市バルセロナ」展

会期:2020年2月8日(土)~2020年4月5日(日)
会場:東京ステーションギャラリー
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅 丸の内北口 改札前
時間:10:00~18:00(金曜日は20:00まで/入館は閉館の30分前まで)
休館:月曜日(2月24日、3月30日は開館)、2月25日(火)
HP:http://www.ejrcf.or.jp/gallery/

奇蹟の芸術都市バルセロナ 【グッズ】「 奇蹟の芸術都市バルセロナ 」展