【大切なおしらせ】新型コロナウイルスによるサイト休止・活動縮小のおしらせ

『 山内マリコの美術館は一人で行く派展 』 アート界とは無縁の作家・山内マリコが行った7年分の美術展の記録! 新時代、新感覚の、やさしいアート入門書。

山内マリコの美術館は一人で行く派展

この度、雑誌「TVガイド」や「TV Bros.」を発行する株式会社東京ニュース通信社は、3月3日(火)に『 山内マリコの美術館は一人で行く派展 ART COLUMN EXHIBITION 2013-2019 』(山内マリコ/著)を発行します。全国の書店、ネット書店にてご予約いただけます。

ありふれた地方都市に生きる女の子を描いた小説『ここは退屈迎えに来て』で、鮮烈なデビューを飾った山内マリコ。瑞々しくリアルな筆致で心の機微を捉える彼女の小説は、同世代を中心に圧倒的な共感を呼ぶ一方、エッセイでは抜群のユーモアセンスを発揮。コラムやレビューの依頼が絶えない作家です。

大阪芸術大学を卒業し、美術館めぐりが趣味だった彼女は、2013年に雑誌『TV Bros.』で、美術展をテーマにした連載をスタートします。主に一人で、自腹で美術館の企画展に行き、作品の紹介はもちろん、芸術家の背景にも思いを巡らせながら、感じたことをそのまま書く。彼女のユーモラスな文体は、ときに小難しいと思われがちなアートの魅力を、身近な存在として伝えてくれます。

本書は『TV Bros.』誌で2013年から2018年にかけて連載された原稿に、プライベートで訪れた2019年の新作を加えた、美術展探訪エッセイです。サブタイトル「ART COLUMN EXHIBITION」のとおり、コラムの展覧会がコンセプト。厳選したコラム101点を作品に見立て、美術館に展示するように並べました。

さらに、亡き愛猫チチモをモチーフに、近年自ら制作している、愛と弔いのアート作品も一挙掲載!
作家・山内マリコが7年間にわたって書きつづけた、忖度なしの美術鑑賞コラム、ぜひご一読ください。

“ーーこの展覧会によって、はっきりと悟ったのです。18歳のわたしにかけられていた「バルテュスって素敵!」という魔法が、完全に解けていたことを。”(本文<バルテュス展>より)

作家プロフィール

山内マリコ(やまうち・まりこ)1980年生まれ、富山県出身。小学校時代、近所のお絵かき教室に通う。絵より映画が好きになり、大阪芸術大学映像学科を卒業。いろいろあって2012年、小説『ここは退屈迎えに来て』(幻冬舎文庫)で作家デビュー。同作が映画化された際、プールに突き落とされる先生役でエキストラ出演を果たす。アート好きが高じて本の装丁に口うるさいため、デザイナーからは嫌われている。イベントに客が来ないのが悩み。唯一の役職は、高志の国文学館(富山県)の新企画アドバイザー。

商品情報

『 山内マリコの美術館は一人で行く派展 ART COLUMN EXHIBITION 2013-2019 』
山内マリコ/著

● 発売日:2020年3月3日(火)※一部、発売日が異なる地域がございます
● 定 価:本体1,600円+税
● 仕 様:B6判、ソフトカバー、268ページ
● 発 行:東京ニュース通信社
● 発 売:講談社
全国の書店、ネット書店(honto<https://honto.jp/netstore/pd-book_30188044.html>ほか)にてご予約いただけます。

【関連サイト】
■東京ニュース通信社が発行する雑誌・書籍・写真集・カレンダーなど各商品の総合情報サイト
TOKYO NEWS magazine&mook<https://zasshi.tv/>
■公式Twitter @tvbros