MENU

ピックアップカテゴリー






Instagram

【読者プレゼント実施中!】超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵

三瓶玲奈 「色を見る」

三瓶玲奈

Yutaka Kikutake Galleryでは、2月15日(土)から3月14日(土)まで、 三瓶玲奈 の個展「色を見る」を開催いたします。2016年の「投影」、2018年の「水の重さ、滲む光」に続き3回目の個展となる本展は、植物をモチーフとした新作ペインティングで構成されます。

三瓶は2019年の夏にヨーロッパ各地をまわりながら、紙や小さな板へのスケッチを多数制作しました。前回の個展(「水の重さ、滲む光」2018年)にあたっては、自身にとって原風景となった日本の各地をスケッチしてまわり、その地で感じた光と湿度の記憶をもとに絵画を制作しました。ヨーロッパ各地でのスケッチを経て、そうした試みはより厚みを増す一方で、絵画を生み出す絶対的な条件といえる「色」そのものをどのように扱い、キャンバス上で絵画を立ち上げていくのかという絵画史上も多くの画家たちが取り組んできたテーマにも真摯に向き合い続けています。
事物は光に照らされることで色を持ち、視覚的に把握可能なものとなりますが、その光の在り様も決して安定したものではありません。植物における葉や実の色も、どのような光に照らされるかによって揺らぐ存在であり、それらをキャンバスに描くときに用いられる色も多くの可能性に開かれたものであるはずです。そうした考察を経た結果として、抽象と具象の間を行き来しながら描かれる作品は、みずみずしい筆致とともに絵画の生命力を表しているようでもあります。三瓶玲奈の最新の成果を是非ご覧ください。

三瓶玲奈は3月12日から3月30日まで上野の森美術館で開催される「VOCA展2020 現代美術の展望―新しい平面の作家たちー」にも出展いたします。併せてご覧ください。

【作家プロフィール】
三瓶玲奈は、1992年愛知県生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科修士課程油画専攻修了。三瓶の絵画は、抽象と具象という両極を行き来するようにして描かれている。作家の身近に存在しているもの、作家が経験したこと、作家の周囲で立ち上がる現象―それらが、一見簡潔に見えながらも深く練り上げられた絵筆のストロークと絵の具のバランスによって描き出され、あるときは抽象的な、あるときは具象的な作品へと結実する。絵画が成り立つ条件への深慮を感じさせつつ、独特の作品世界へと惹きこむ三瓶の作品からは、これからの現代絵画の試みをさらに押し広げていくことが期待される。

展覧会情報

三瓶玲奈「色を見る」

会期:2020年2月15日(土)- 3月14日(土)
会場:Yutaka Kikutake Gallery
時間:11:00 – 19:00
料金:無料