【大切なおしらせ】新型コロナウイルスによるサイト休止・活動縮小のおしらせ

モダンデザインが結ぶ暮らしの夢展 【会場レポ】

モダンデザインが結ぶ暮らしの夢展

現在、パナソニック汐留美術館にて開催中の『 モダンデザインが結ぶ暮らしの夢展 』。本展覧会では1930年〜60年代の工芸品、家具、建築の図面、模型、写真など多彩な作品資料約160点通して、モダンデザインに新しい上質な暮らしを夢見た世界と日本の建築家やデザイナーたちの交流がご覧になれます。名作と呼ばれる椅子や工芸品などから、生活を変えたデザインと手仕事に注目してみてください。

日本文化×西洋文化 交差するまなざし

近代産業と科学が大量生産を可能としたことで、装飾美に代わって合理的な機能美を持つ、モダンデザインが生み出されました。国際的に普及していくモダンデザインを、日本の暮らし方や風土になじませようと模索する日本の工芸関係者のまなざしと、日本建築と意匠に近代性を見出した世界的な建築家やデザイナーのまなざしが重なり合い、機能主義におさまりきらない卓越した作品が数多く生まれました。本展覧会ではそれらの一部を見ることができます。

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中のドイツ人建築家ブルーノ・タウト(1880–1938)が顧問に招かれ、剣持勇(1912–1971)らの指導にあたります。同年、建築家アントニン・レーモンド(1888–1976)とインテリア・デザイナー。ノエミ・レーモンド(1889–1980)夫妻が、高崎の芸術文化を支援する実業家・井上房一郎(1898–1993)と出会っています。翌年、井上はタウトを高崎に迎え、自身が主尊する工芸の事業の指導を依頼し、銀座に出店した家具工芸店「ミラテス」で、タウト・井上印を付した工芸品を販売します。

時代背景を考察してみよう!

ナチス政権下、ドイツの政治情勢を考慮し、前年にあった上野伊三郎率いる日本インターナショナル建築会からの招聘を受け入れ、1933年から日本に渡り、3年半間滞在を果たしたブルーノ・タウト。そんな時代背景も踏まえながら作品鑑賞をすることで、彼の熱意が伝わってくることでしょう。

定番化した家具などのデザインの源流を辿ってみよう!

会場では国内外7名のデザイナーや建築家が手掛けたプロジェクトやプロダクトを紹介しています。どれも生活に根差されているデザインばかり…今では一般的となった家具などのデザインの源流を辿ることができました。きっと、あなたも「ああ!どこかで見かけたことあるかも!」と驚くことでしょう。そんな些細な発見を楽しんでみてください。

見出し:手仕事から多彩な表現

本展覧会ではブルーノ・タウトをはじめ、井上房一郎、アントニン&ノエミ・レーモンド夫妻、インテリアデザイナー 剣持勇、家具デザイナーのジョージ・ナカシマ(1905–1990)、彫刻家イサム・ノグチ(1904–1988)による、1930〜60年代の工芸品、家具など多彩な作品資料が紹介されています。ライフスタイルに密接に関係しているプロダクトが紹介され、ディテールまでに及ぶ多彩な表現をお楽しみください。また、会期中には関連イベントとしてトークショーやワークショップも開催されます。ぜひそちらにも参加してみてください。

展覧会情報

モダンデザインが結ぶ暮らしの夢展

会期:〜3月22日(日)
会場:パナソニック汐留美術館
営業時間:10:00より18:00まで(ご入館は17:30まで)
※2月7日(金)、3月6日(金)は夜間開館 20:00まで(ご入館は19:30)
入場料:一般:800円、65歳以上:700円、大学生:600円、中・高校生:400円、小学生以下:無料
※20名以上の団体は100円割引
※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料でご入館いただけます。
HP:https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/20/200111/index.html