【大切なおしらせ】新型コロナウイルスによるサイト休止・活動縮小のおしらせ

『 ブダペスト ― ヨーロッパとハンガリーの美術400年』【会場レポ】

ブダペスト

現在、六本木・国立新美術館では日本とハンガリーの外交関係開設150周年を記念し、ハンガリー最大の美術館であるブダペスト国立西洋美術館とハンガリー・ナショナル・ギャラリーのコレクション展を開催中です。両館の所蔵品がまとまった形で来日するのは25年ぶり!ブダペストから一挙来日する珠玉の作品群をご堪能ください。

約400年にわたるヨーロッパとハンガリー美術を堪能しよう!


『ブダペスト―ヨーロッパとハンガリーの美術400年』では時代とテーマの2部構成で紹介しながら、16世紀ルネサンスから20世紀初頭の近代絵画まで、約400年にわたるヨーロッパとハンガリーの絵画、素描、彫刻の名品130点が一堂に会します。クラーナハ、ティツィアーノ、エル・グレコ、ルノワール、モネなど巨匠たちの作品に加えて、日本では目にする機会の少ない19・20世紀ハンガリーの作家たちの名作も、多数出品されるとても貴重な機会です。

ハンガリーのモナ・リザに会いにいこう!

ブダペスト
本展覧会のメインビジュアルにもなっているハンガリーの名画《紫のドレスの婦人》は必見!
作者のシニェイ・メルシェ・パールは、パリを訪れたことはないのにも関わらず、印象派に近い絵画表現を独自に追求したハンガリーの先駆的な画家でした。シニェイ・メルシェ・パールの名画《紫のドレスの婦人》のモデルは画家の妻で、制作当初は草木の黄緑色とドレスの紫色の対比が不評を招き、その斬新な表現はほとんど受け入れられなかったのだそう。しかし、今日ではその対比こそが美しく大人気となり、写真や版画、切手など、様々な形で複製が流通し、ハンガリーでは最も重要かつ魅力的な名画として愛されています。

一挙来日する珠玉の作品群を鑑賞しにいこう!

ブダペスト

今年は日本とハンガリーの外交関係開設150周年を記念した本展覧会だからこそ、日本ではなかなか目にすることのできないハンガリー絵画が目白押し。「ドナウの真珠」と称えられるハンガリーの首都、ブダペストから一挙来日する珠玉の作品群は素晴らしく、その表現の豊かさに驚かされることでしょう。ぜひ会場でご堪能ください。

展覧会情報

「日本・ハンガリー外交関係開設150周年記念 ブダペスト 国立西洋美術館 & ハンガリー・ナショナル・ギャラリー所蔵 ブダペスト―ヨーロッパとハンガリーの美術400年」
会期:開催中~2020年3月16日(月)
会場:国立新美術館 企画展示室1E
住所:東京都港区六本木7丁目22−2
休館日:毎週火曜日 2月11日(火・祝)は開館、2月12日(水)は休館)
開館時間:10:00~18:00(毎週金・土曜日は20:00まで。入場は閉館の30分前まで。)
観覧料:一般 1,700円(1,500円)、大学生 1,100円(900円)、高校生 700円(500円)
※価格は全て税込。
※( )内は、前売/20名以上の団体料金。
※中学生以下は入場無料。
※障害者手帳持参者(付添1名含む)は入場無料。
※2020年1月11日(土)~13日(月・祝)は高校生無料観覧日(学生証の提示が必要)。
※団体券は国立新美術館でのみ販売。
問い合わせ先TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)