【大切なおしらせ】新型コロナウイルスによるサイト休止・活動縮小のおしらせ

㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画【会場レポート】

㊙展

現在、21_21 DESIGN SIGHTにて開催中の「 ㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」。デザインの制作過程において生み出された、スケッチ、図面、模型は、多くの人々の目に触れる完成品に比べて、あまり光が当てられることはありません。本展覧会ではデザインの大切なエッセンスが刻まれている「秘められた部分」に着目しています。

㊙展 の「秘められた部分」に注目してみよう!

㊙展

私たちの身の回りにある製品の多くには知られざるストーリーが存在しています…多くの人々の目に触れる完成品に比べ、デザインの制作過程において生み出されたスケッチなどは、あまり光が当てられることはありません。本展覧会では、デザインの大切なエッセンスが刻まれている「秘められた部分」にこそ光を当て紹介することで、「日本デザインコミッティー」のメンバーである作家たちの思考プロセスを紐解くとともに、それぞれの個性や世代から日本のデザインの歩みを振り返り、それぞれの個性や世代から見えている日本のデザインの歩みを擬似体験できます。

アーティストから仕事術を学ぼう!

㊙展

例えば東京駅を美しく照らしだしているライティングや、美術鑑賞に訪れたことのある某美術館のロゴなど、日常に存在する全ての完成品の裏側にある、生みの苦労が視覚化されたといっても過言ではない、膨大な資料が存在することに驚きました。また、アーティストによっては物づくりのヒントを得ている品物や、ビッシリと事細かに予定が記されている手帳から、その人個人の仕事術とも言うべきパーソナルな部分に触れられる大変貴重な機会と言えるでしょう。自己啓発や仕事術などの出版書籍よりも、現実味を帯びているそれらを鑑賞することで、自分の仕事にまつわるヒントを得られることでしょう。

デザインの本質に触れてみよう!

㊙展

会場を巡っていると様々なことに気付かされるでしょう…例えば、同じ分野であっても作家の個性や世代によって、アイディアの検討や試作の進め方が異なっています。そこから日本のデザインの歩みを振り返り、それらの異なる違いを探してみたり、逆に時代が経過しても変わらない部分を見つめてみたり、普遍的に存在しているデザインの本質に触れることができるでしょう。また、会期中にはギャラリートークやクロストークなどの様々な関連イベントが開催されるほか、同館ギャラリー3では日本のグッドデザインのパイオニアとしてスタートしたデザインコレクションと松屋銀座の活動を紹介する「DESIGN COLLECTION by MATSUYA GINZA」や渋谷PARCO4階「ほぼ日カルチャん」にて連動企画が開催されます。ぜひ、併せて楽しんでみてはいかがでしょうか?

展覧会情報

「 ㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」

会期:2019年11月22日〜2020年3月8日
会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2
住所:東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン内
電話番号:03-3475-2121
開館時間:10:00〜19:00 ※入場は閉館の30分前まで
休館日:火(ただし12月24日、2月11日は開館)、年末年始(12月26日〜1月3日)
料金:一般 1200円 / 大学生 800円 / 高校生 500円 / 中学生以下無料
DESIGN COLLECTION by MATSUYA GINZA
会期:2019年11月22日〜2020年1月13日
会場:21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3
開館時間:10:00〜18:00(12月20日〜24日 〜19:00、1月13日 〜17:00)
休館日:火(ただし12月3日、24日は開館)、年末年始(12月26日〜1月3日)
料金:無料