「 ミナ ペルホネン /皆川明 つづく」レポート

現在、東京都現代美術館で開催中の「 ミナ ペルホネン (minä perhonen)」のデザイナーである皆川明にフォーカスした展覧会「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」。「せめて100年つづくブランドに」という皆川の想いからはじまり、現在まで約25年にわたり作品を発表し続けてきたブランドと、皆川のクリエイションを紐解く同ブランドにとって過去最大規模の展覧会をご紹介します。

ミナ ペルホネン(minä perhonen)とは?

1995年より、デザイナーの皆川明氏により設立されたブランド、ミナペルホネン(minä perhonen)。トレンドに左右されず、長年着用できる普遍的な価値を持つ「特別な日常服」をコンセプトとし、日本各地の生地産地と深い関係性を紡ぎながら、オリジナルの生地からプロダクトを生み出す独自のものづくりを続けています。皆川がミナペルホネンの前身となる「ミナ」を立ち上げたのは1995年。「せめて100年つづくブランドに」という思いでファッションからスタートした活動は、その後インテリアや食器など次第に生活全般へと広がり、現在ではデザインの領域を超えてホスピタリティを基盤にした分野へと拡張しています。そのたゆまぬ歩みは、会期中2020年に25周年を迎えます。

お洋服に隠された皆川氏の哲学

撮影:吉次史成

近年、ファッション業界でも取り組みが盛んになっているサステナビリティーを設立当初から意識している皆川氏。会場では「実」「森」「風」「芽」「種」「根」「土」「空」の8つのカテゴリーから、ものづくりに在る「つづく」と人の心に繋がる「つづく」による、作り手と使い手の循環や継続のさまざまな関係が汲み取れます。例えば、アイディアとその試みがご覧になれる「種」では、クリエーションの背景にあたるアトリエ・刺繍工場の映像や、様々な試みなどのプロダクトを解説つきで紹介しています。「展示品に添えられたキャプションを読みながら鑑賞してみるのがおすすめ」と皆川氏が語るとおり、思いつくままに絵や言葉が知る漁れているスケッチブックや、ものづくりへの熱意を丁寧に伝える工場とのやりとりが伺えるファイルなど。幅広い根幹となるものづくりに対する哲学やアイディアから、細やかなものづくりへの過程を読み取ることができるでしょう。

ライフスタイルを豊かにするヒントを見つけて

本展覧会は多義的な意味を持つ「つづく」をキーワードから、生地や衣服、インテリア、食器等のプロダクトに加え、デザインの原画、映像、印刷、皆川氏の挿絵など創作の背景を浮き彫りにしている作品群や資料も併せて展示しています。ミナ ペルホネンと皆川氏によるものづくりとその思考をこれまでにない規模で展開する本展覧会は、私たちの日常生活やその先にある社会の仕組みについて新しい視点と示唆をもたらしてくれるでしょう。会期中は、さまざまな分野で活躍されているゲストを迎えたクロストークが開催されるなど、ミナ ペルホネンの服を纏うプログラム「ミナを着る風景」が展開される予定です。また、展覧会特設ショップにはそんなミナペルホネンのスピリットが込められた素敵なグッズも多数ご用意されています。ぜひ、あなたのライフスタイルを豊かにするヒントが詰まっている本展覧会に足を運んでいてはいかがでしょうか?

編集部からのひとこと

この展覧会の評価
会場の広さ・快適度
(3.5)
作品群のボリューム
(4.0)
展覧会グッズの充実度
(5.0)
総合評価
(4.5)

まきたそ

ファッション好きの人にお楽しみいただける内容であることはもちろん、そうじゃない人でもブランドの想い=創造性に触れられるので面白いと思います!それと同時に、私たちが普段纏っている洋服など…改めてファッションについても考えさせられるかも。そのブランドのストーリーを知ることで、ミナ ペルホネンが好きになりました!デザイナー・皆川さんが手掛けた瀬戸内・豊島の宿「ウミトタ」にも訪れてみたいな☆
展覧会情報

「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」
会期:2019年11月16日(土)〜2020年2月16日(日)
場所:東京都現代美術館 企画展示室3F
住所:東京都江東区三好4−1−1
開館時間:10:00〜18:00 ※展示室入場は閉館の30分前まで
観覧料:一般 1,500円、大学生・専門学校生・65歳以上 1,000円、中高生 600円、小学生以下 無料
休館日:月曜日(2020年1月13日は開館)、12月28日〜1月1日、1月14日
https://mina-tsuzuku.jp/