【大切なおしらせ】新型コロナウイルスによるサイト休止・活動縮小のおしらせ

ダムタイプ|アクション+リフレクション レポート

ダムタイプ

現在、東京都現代美術館にて開催されている「 ダムタイプ |アクション+リフレクション」。今年、結成35周年を迎える日本を代表するメディアアーティスト・グループであるダムタイプの本展覧会は、2018年にフランスのポンピドゥー・センター・メッス分館において開催された個展(キュレーション:長谷川祐子)の作品群や新作にパフォーマンスアーカイブなどを加え、よりバージョンアップした内容です。

DUMB TYPE(ダムタイプ)とは?

日本を代表するメディアアーティスト・グループであるダムタイプ。1984年に京都市立芸術大学の学生を中心にマルチメディア・パフォーマンス・アーティスト集団として京都で結成され、中心的であった古橋悌二(1960-1995)をはじめとするメンバーが独自の表現活動を展開しつつ、コラボレーションを行うヒエラルキーのない集団として注目されています。以降、1980年代バブル経済における表層性の中にあった「情報過剰であるにもかかわらずこれを認識できていない(=ダム)状態」を敏感にとらえ、誘惑と絶望が共存していた時代に、鋭い批評性をもって活動を展開。そして、多くの言葉を使う演劇集団の空疎さに対する抵抗として「ダム(セリフの排除)」という手法を選択し、装置、映像、音、これらに反応するパフォーマーの生の身体によって作品を構成しました。彼らは、デジタルと身体が新たな関係を持つことで生まれる「ポストヒューマン」のヴィジョンを、その革新的な視覚言語と思想によって、日本から世界に先駆けて表現したパイオニアといえるでしょう。

進化をつづけるダムタイプ

本展覧会は、2018年にフランスのポンピドゥー・センター・メッス分館において開催された個展(キュレーション 長谷川祐子)の作品群や新作にパフォーマンスアーカイブなどを加え、よりバージョンアップした内容です。大型インスタレーションによって構成される大規模個展であるとともに、古橋悌二の没後も独自のスタイルで若手アーティストに大きな影響を与える高谷史郎や池田亮司らに加え、若いメンバーを得て活動を続けるダムタイプの、まさに「ダムタイプ- タイプ」といえる卓越したあり方を包括的にみせる試みです。 会場では新作を含む6点の大型インスタレーションを一挙に目にする国内でも貴重な機会となり、卓越したサウンドデザインによる個性に満ち溢れた圧倒的な空間体験を楽しむことができます。

私たちが抱える切実な問題を映し出す作品

“メディアアート”によるパフォーマンス/インスタレーションというと少し気難しく捉えてしまう人がいるかもしれません。しかし、ダムタイプの作品には私たちが抱える切実な問題を映し出すものも…現代社会が抱える諸問題を正面から捉え、パフォーマンスのみならず、周囲のさまざまなコミュニティとの交流・連携というアクティヴィズムまでも巻き込んで展開されています。
会期中には、関連プログラムとして、浅田彰、坂本龍一、高谷史郎(ダムタイプ)の三者で行うトークも開催されます。作品をより深く考察してみてはいかがでしょうか?ぜひバージョンアップした内容でご覧になれる本展に足を運んでみてください。

展覧会情報

ダムタイプ|アクション+リフレクション

会期:2019年11月16日〜2020年2月16日
会場:東京都現代美術館 企画展示室 1F
住所:東京都江東区三好4-1-1
電話番号:03-5777-8600(ハローダイヤル)
開館時間:10:00〜18:00 ※入場は閉館の30分前まで
休館日:月(ただし2020年1月13日は開館)、12月28日〜2020年1月1日、1月14日
料金:一般 1400円 / 大学・専門学校生・65歳以上 1000円 / 中学・高校生 500円 / 小学生以下無料