【観覧ペアチケット 読者プレゼント実施中!】

『 篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN The Last Show』

東京ドームシティにある「Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)」は、2019年9月5日(木)~10月27日(日)の期間、『 篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN The Last Show』を開催します。

写真家・篠山紀信は、1950年代後半より写真活動をスタートさせ、現在もなお写真界の第一線を走り続け、時代の先端を撮影し続けています。

本展では、篠山紀信が撮影してきた、昭和・平成・令和のスターたちの写真を大きく引き伸ばして紹介します。

中には幅8メートルを越える巨大作品もあり、「写真の神様が降りてきた」と篠山自らが厳選した作品を、ダイナミックで迫力ある展示空間で堪能できます。

さらに、令和になってから発表した新作など約100点を、「GOD」、「STAR」、「SPECTACLE」、「BODY」、「ACCIDENTS」の5つのエリアに分けて紹介。

長嶋茂雄、樹木希林、広瀬すずといった著名人の写真を、ダイナミックに引き伸ばして巨大な画面で展示し、圧倒的な迫力で写真の持つ力や可能性を体感いただけます。

「篠山紀信展 写真力」は、2012年から7年間にわたり全国32会場を巡回、写真展の常識を塗り替える破格のスケールが全国各地で話題となり、累計約99万人を動員している写真展です。

今秋の東京凱旋展は、会期中に累計動員が100万人を達成することが見込まれており、「日本初の100万人を突破する写真展」として、日本写真史における大きな足跡を刻みます。

7年の間、進化し続ける篠山とともに新陳代謝を繰り返してきた本展は、今回で最後の実施となります。

展覧会シリーズの集大成ともいえる本展で、篠山が紡いできた“写真力”をぜひご体感ください。

作家プロフィール

篠山紀信

1940年東京都生まれ。写真家。
日本大学芸術学部写真学科在学中より頭角を現し、広告制作会社「ライトパブリシティ」で活躍。
1961年に日本広告写真家協会展公募部門APA賞を受賞、1968年からフリーに。
三島由紀夫、山口百恵、宮沢りえ、ジョン・レノンとオノ・ヨーコなど、その時代を代表する人物を捉え、流行語にもなった「激写」、複数のカメラを結合し一斉にシャッターを切る「シノラマ」など新しい表現方法と新技術で、時代を切り撮り続けている。2002年より、デジタルカメラで撮影した静止画と映像を組み合わせる「digi+KISHIN」を展開。
ウェブサイト「shinoyama.net」でも、映像作品、静止画、DVD作品など多数発表している。
2012年、熊本市現代美術館を皮切りに始まった「篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN」は全国を巡回中、約99万人を動員している。2016年には、東京・原美術館で「篠山紀信展快楽の館」を開催した。

展覧会情報

篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHINThe Last Show

■日程:2019年9月5日(木)~10月27日(日) 【53日間】 ※開催期間中無休
■時間:10:00~18:00 ※最終入館は閉館の30分前まで
■場所:Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)
■料金:当日 一般1,400円/高校・大学生900円/小・中学生400円
前売 一般1,200円/高校・大学生700円/小・中学生200円
※未就学児無料(単独入館不可)
■チケット発売:ローソンチケット・チケットぴあ・セブンチケット・イープラスにて発売中
※会期初日9月5日(木)より当日料金
■主催:読売新聞社、日本テレビ放送網、BS日テレ、東京ドーム
■協力:松竹(株)
■企画協力:後藤繁雄事務所+G/P gallery
■URL:https://www.tokyo-dome.co.jp/aamo/event/shinoyamakishin.html