【観覧ペアチケット 読者プレゼント実施中!】

【レポート】岡本太郎美術館20周年記念展 これまでの企画展みんな見せます! 前期 / 岡本太郎・縄文から現代へ

現在、川崎市岡本太郎美術館にて開催中の『岡本太郎美術館20周年記念展 これまでの企画展みんな見せます! 前期 / 岡本太郎・縄文から現代へ』。今年で開館20周年を迎える川崎市岡本太郎美術館では、約60回にも及ぶ企画展を振り返りながら、展覧会を象徴する代表作品や資料を抽出し、岡本太郎の多面的活動を代表作とともに展示しています。前期では、岡本太郎の多面的な活動の足跡と、縄文土器から民族の源流を探るフィールドワーク、岡本太郎と関わりの深い同時代の作家を紹介しています。

多面的活動を代表作品とともにご紹介!

今尚、大阪・万博公園内に聳え立つ「太陽の塔」や東京・京王井の頭線渋谷駅「明日の神話」と名作を遺した岡本太郎。
生前岡本太郎氏から川崎市が2千点におよぶ主要作品の寄贈を受け、1999年10月30日に川崎市岡本太郎美術館が開館しました。
今年、開館20年周年迎える川崎市岡本太郎美術館では、代表作品やテーマから岡本太郎芸術を紹介するもの、表現・分野・時代という視点に当てたものなど、岡本太郎の芸術性を深く掘り下げる展覧会が開催されてきました。
本企画の前期展では、これまで約60回となる企画展を振り返りながら、展覧会を象徴する代表作品や資料を抽出し、岡本太郎の多面的活動を代表作とともに展示し、岡本太郎の多面的な活動の足跡を辿るほか、縄文土器から民族の源流を探るフィールドワーク、岡本太郎と関わりの深い同時代の作家を紹介しています。

彼のフィルターを通して民族の姿とその文化を学ぶ

1930年フランス・パリに渡ったのち、その地で約10年間ほど過ごす岡本太郎。その間にフランス語の習得の傍らで、ソルボンヌ大学で美学と民族学を学びました。『芸術は民族の歴史や文化の延長線上にある』と考えていた岡本太郎は、日本古来の縄文土器に端を発して、国内外へと民族の源流を探るフィールドワークの旅に出かけます。
会場では縄文土器をはじめ、パプアニューギニア、韓国、沖縄、東北など彼の足跡を辿りながら、貴重な資料や写真から彼の探った民族の姿とその文化についてご覧になれます。是非、岡本太郎フィルターを通してその風俗を学びながら、どのように作品に取り込んでいったかと想像してみましょう。

岡本太郎と関わりの深い同時代の作家の作品もみれる!

会場では、岡本太郎の作品はもちろんのこと、岡本太郎が関りを持った作家である、荒川修作、池田龍雄、北大路魯山人、北代省三、篠原有司男、横尾忠則等の作品も展示、その関わりの中から互いの芸術性を探っています。岡本太郎と他作家の視点との交差、その創造力に着目しながら展示作品をご覧になってみてください。
会期中は、1970年大阪万博当時の「太陽の塔」と内部の「生命の樹」をVRで体験できる「甦れ!!バーチャルリアリティ 太陽の塔」や、日用品を使って仮装するワークショップ「自分やーめた~変身して美術館で写真を撮ろう!~」など様々なイベントが企画されています。是非、本展覧会と併せて楽しんでみてはいかがでしょうか?

紹介動画

展覧会情報

岡本太郎美術館20周年記念展 これまでの企画展みんな見せます! 前期 / 岡本太郎・縄文から現代へ

会期:2019年7月13日(土)~10月14日(月・祝)
会場:川崎市岡本太郎美術館
時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館:月曜日(7月15日、8月12日、9月16日、9月23日、10月14日を除く)、
7月16日(火)、8月13日(火)、9月17日(火)、9月24日(火)
料金:一般1,000(800)円、高・大学生・65歳以上800(640)円、中学生以下は無料※( )内は20名以上の団体料金
HP:http://www.taromuseum.jp/exhibition/current.html