【大切なおしらせ】新型コロナウイルスによるサイト休止・活動縮小のおしらせ

高畑勲展 ─ 日本のアニメーションに遺したもの

現在、東京国立近代美術館にて開催中の「 高畑勲展 ─ 日本のアニメーションに遺したもの Takahata Isao: A Legend in Japanese Animation」。本展は、高畑が日本のアニメーションに遺したもの、その業績を総覧する初の回顧展です。 魅力的な作品世界に出会い/出会いなおす最高の機会になりますので、是非、足を運んでみてはいかがですか?

「アルプスの少女ハイジ」の生みの親であるアニメーション映画監督

常に今日的なテーマを模索し、それにふさわしい新しい表現方法を徹底して追求した革新者・高畑の創造の軌跡は、戦後の日本のアニメーションの礎を築くとともに、他の制作者にも大きな影響を与えました。本展覧会では、絵を描かない高畑の「演出」というポイントに注目し、多数の未公開資料も紹介しながら、その多面的な作品世界の秘密に迫ります。

展覧会概要

展覧会名 高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの
     Takahata Isao: A Legend in Japanese Animation
会 場   東京国立近代美術館 1階 企画展ギャラリー
     (〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園3-1)
会 期    開催中~2019年10月6日(日)
休館日  月曜日(ただし 8月12日、9月16日、9月23日は開館)
8月13日(火)、9月17日(火)、9月24日(火)
開館時間 10:00-17:00 (金、土曜日は21:00まで) ※入館は閉館30分前まで
主 催   東京国立近代美術館、NHK、NHKプロモーション
企画協力 スタジオジブリ

協 力   (公財)徳間記念アニメーション文化財団 協 賛凸版印刷
観覧料  一般 1,500(1,300)円、大学生 1,100(900)円、高校生 600(400)円
     ※( )内は、20名以上の団体料金。いずれも消費税込。
     ※中学生以下および障害者手帳をご提示の方とその付添者(1名)は無料。
     ※本展の観覧料で入館当日に限り、所蔵作品展「MOMAT コレクション」(4F-2F)もご覧いただけます。
     同時開催:所蔵作品展「MOMAT コレクション」(4F-2F)2019 年 10 月 20 日(日)まで。

お問合せ  03-5777-8600(ハローダイヤル)
公式サイト https://takahata-ten.jp
巡 回    今後、岡山での開催を予定