【大切なおしらせ】新型コロナウイルスによるサイト休止・活動縮小のおしらせ

神楽岡久美 個展 美的身体のメタモルフォーゼ

西武渋谷店では 2019年6月4日(火)より、B館8階=オルタナティブスペースにて「 神楽岡久美 個展 美的身体のメタモルフォーゼ」を開催します。
「身体とは感覚を持って外界と対話するためのツールである。」をテーマに作品を制作するアーティスト・神楽岡久美。本展では「美的身体のメタモルフォーゼ」をコンセプトに、人類誕生の歴史から、現在、そして未来の美的身体を推測し、その美的身体を生み出す装置を制作。
誰しもが持つ「身体」と身体に影響を与え続けてきた「美力」に着目した未来の科学を連想させる作品約12点を展覧いたします。
また週末は本人も在廊し、直接作品をご紹介します。

展覧会概要

■タイトル:神楽岡久美 個展「美的身体のメタモルフォーゼ」
■会期:2019年6月4日(火)~7月1日(月) ■会場:B館8階=オルタナティブスペース
●在廊予定:6月8日(土)・9日(日)および22日(土)・23日(日)※各日午前2時~6時
 ※時間帯によっては不在の場合がございます。くわしくは係員におたずねください。

●Extended finger

●Study of Metamorphose [Plaster cast to preventbad, slumped posture.]

神楽岡 久美 Kumi Kaguraoka
〇1986年 東京都生まれ
〇2012年 武蔵野美術大学大学院 空間演出デザインコース修了(修了制作優秀賞受賞)
〇2009年 「DREAM CONSCIOUS かたちになりかけた夢」(YUKA CONTEMPORARY・東京)、「Sozo Age」(十和田市現代美術館・青森)
〇2010年 「六本木アートナイト 津村耕佑による星空傘」(星空傘制作・作品提供)、「ヴェニスの商人」舞台美術衣装制作(ロンドン、イスタンブール、日本公演)
〇2015年 「SICF16」グランプリ受賞(スパイラル・東京)、個展「光を摘む」(スパイラル・東京)、シブヤスタイルvol.9」(西武渋谷店)[‘17] 〇2016年 個展「光を摘む – 光の記録- 」(BRÜCKE・東京)、個展「身体と世界の対話 (2015-16) 」(T-Art Gallery・東京)
〇2017年 「アイスタイル芸術スポーツ振興財団」 助成アーティスト選定
〇2018年 個展「身体と世界の対話 vol.2」(ワコールスタディホール京都 ギャラリー・京都)
〇2019年 個展「KUMI KAGURAOKA solo Exhibition Study of Metamorphose.」(FabCafe Tokyo・東京)
「京都大学ロンドン大学ゴールドスミス校 アートサイエンス国際シンポジウム-Art Innovation展 2019」Junya Yamamine Award受賞(京都大学・京都)