【観覧ペアチケット 読者プレゼント実施中!】

【レポート】特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」

現在、東京国立博物館では特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」を開催しています。皇室ゆかりの優品や国宝・重要文化財をはじめとし、平安から近代にかけて日本美術の名品が鑑賞できる本展は、「日本美を守り伝える『紡ぐプロジェクト』―皇室の至宝・国宝プロジェクト―」の一環として開催されている特別展です。

『紡ぐプロジェクト』とは?

『紡ぐプロジェクト』は、皇室ゆかりの優品や国宝・重要文化財をはじめとする日本の美を、広く国内外へ、さらに未来へ紡ぐために、文化庁、宮内庁、読売新聞社が協力して進めていくプロジェクトです。 特別展覧会の開催に加え、フォーラムなど関連事業や、日本美術・文化の魅力を発信するポータルサイトの開設、文化財修理事業をプロジェクトの柱として実施します。 貴重な文化財・美術品の公開を通じて得た収益を修理に充てることで、文化財・美術品を後世に紡いでいくために欠かせない「保存、公開、修理」という一連のサイクルが永続する仕組みを作っていきます。

数々の見どころをピックアップしてご紹介!

「唐獅子図屛風」を見比べてみよう。

安土桃山時代に活躍した狩野永徳と江戸時代に活躍した狩野常信の2名による「唐獅子図屛風」。
狩野永徳筆の右隻は戦国の世を意識したのか獅子に力強さがあるのに比べて、狩野常信筆の左隻は江戸の世を反映したのか軽やかさが備わっているように感じました。狩野常信は狩野永徳の右隻を意識しながらも、自分なりの表現したことが作品から伝わってきます。

ドラマチックな絵巻

長沢芦雪は、円山応挙のもとにいつ頃入門したかは定かではありませんが、数多き応挙の子弟の多くは町人である中、武士の芦雪は異色の弟子でした。 師・応挙の高度な作風を完璧に身につける卓越した描写力に加え、奇抜な着想と大胆な構図、奔放で独特な画風を創出しました。そんな芦雪は動物を生き生きを描き、奇想の画家として人気があります。

七宝でできた富士山

明治時代を代表する七宝作家の濤川惣助は、彩色の間仕切りの金属線を用いない無線七宝の技術による絵画的な表現を得意としています。展示作品の「七宝富嶽図額」は、金属工芸に分類される“七宝”を使用されているのにもかかわらず、“絵画”として昇華している素晴らしい作品だと言えるでしょう。

この季節にピッタリな作品!

江戸時代の俳人でありながら、画家でもあった与謝蕪村。そんな彼による「新緑杜鵑図」は、明るい日差しを受けて、新緑したたる梢の上を、夏の訪れを告げるホトトギスが飛んでいく、そんな一瞬を捉えた作品です。まさにこの季節にピッタリで、絵画に描かれている風景から吹いてくる心地よい風が感じられる作品です。

あなただけの見どころを見つけてみて!

数々の見どころをピックアップしてご紹介しましたが、その他にも現存する最古の藤原定家が書き写した「更級日記」や、新元号「令和」の元となった万葉集なども展示されていました。本展覧会は6月2日(日)まで開催されているので、是非足を運んでみてください。

展覧会情報

特別展『美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―』
会期:2019年5月3日(金・祝)~6月2日(日)
会場:東京国立博物館 本館特別 5・4・2・1室
開館時間:午前9時30分~午後5時
※金・土曜日は午後9時まで ※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日