【レポート】『 森美術館15周年記念展 六本木クロッシング2019展 :つないでみる』

現在、六本木ヒルズ・森美術館にて開催中の『 森美術館15周年記念展 六本木クロッシング2019展 :つないでみる』。
本展覧会ではシリーズ初の試みとして、3人のキュレーターが共同で業務を行い、197~-80年代生まれを中心としたアーティスト25組を紹介しています。分断化されている社会問題をもとに、アーテイストの想像力をつないで、見えないものを見る力、見えないものをつなぐ力、両方の焦点から更なる可能性を導き出せる本展覧会をレポートします。

「つながり」に着目してみよう!

3年に1度、日本の現代アートシーンを総覧する定点観測的な展覧会として、2004年以来開催してきたシリーズ展である「六本木クロッシング」。第6回目の開催となる本展覧会では、現代の表現を通して見えてくる、「つながり」に着目しています。情報、医療、技術の進歩が加速し、私たちの生活は便利になる一方で、それに伴い新たな問題も浮かび上がっています。価値観の多様性が認められながらも、足枷となっている共感への同調圧力や、フェイクニュースで見えにくくなっている真実、アベノミクスで浮き彫りにした格差社会など。異質なもの同士を繋ぎ合わせることで、視覚化されていく社会問題とともに、未来に対する新たな可能性を見いだすことができます。

展覧会を読み解くための3つのキーワード!

本展覧会はセクションなど分類されていなく、鑑賞者に有機的なつながりを見出し、自由に鑑賞してもらうことが目的にしているのだとか。その際に、3人のキュレーターによる説明会にて、本展覧会を読み解くための力となる、”3つのキーワード”を教示してくださった。

テクノロジーで使ってみる。

近年、ITの発達によりメディアアートと呼ばれるアートのジャンルが確立されてきました。
ロボット工学、アルゴリズム、AIを使用した作品から、私たち人間との関係を考察してみてはいかがでしょうか?
私が特に面白いと感じた作品は林千歩さんの『人工的な恋人と本当の愛』です。
陶芸教室を営んでいる既婚者のアンドロイド社長と、人間の女生徒が恋に落ちるという設定の作品なのですが、これから技術革新の進歩により、人間に近いアンドロイドが生まれることでしょう。その際に、アンドロイドと人間の違いとは?何を持って人間らしさなのか?という部分を問いかけています。

社会を観察してみる。

アーティストの独自の視点で生み出された作品には、私たちが気づかなかったものが表現されています。
例えば、竹川宣彰さんの『猫オリンピック』では、一見猫モチーフの可愛らしい作品のように思えますが、弱者の存在が垣間見ることのできるものとなっています。2020年、東京オリンピックの開幕を控え、様々な催しが企画されている日本ですが…素直に受け入れられない弱者の存在がいることに加えて、その弱者による悲痛な叫びが掻き消されていることに気づけるでしょう。

2つを繋いでみる

1つのものだったものをつないで、新しい価値を見出すことで、新しい発見があることでしょう。
私が気になった作品は、万代洋輔さんの『無題』。本作品は、山々で不法投棄された道具や衣類など、価値のないゴミを組み合わせて、仏像などの神聖な空気感が醸し出される写真を発表しています。必要とされなくなったゴミをアート作品として蘇らせることで新しい価値を提示しているコンセプトから、普段私たちが無下に扱っているものも、何かを掛け合わせることで、新たな発見を導き出せることを教えてくれています。

生きている世界を切り取り出した鏡

本展覧会で紹介されているアート作品から、可視化される社会問題を見つめるたびに、落胆してしまう気持ちや歯痒い気持ちを抱える一方、これからの未来に対する新たな可能性を見いだすことができました。一見すると現代アートは近寄りがたい雰囲気を醸し出しています…しかし、私たちが生きている世界を切り取り出した鏡でもあります。知らないことから目を背けるのではなく、アート作品から現代社会を読み解くことで、豊かに生きるヒントを導き出してみませんか?
是非、自由に鑑賞し、自由に発想し、見識と物事をつなげながら、会場の作品から社会を考察してみてください。

展覧会情報

『森美術館15周年記念展 六本木クロッシング2019展:つないでみる』

会期:2019年02月09日 ~ 2019年05月26日
会場:六本木ヒルズ内・森美術館
時間:10:00〜22:00
火曜日は17:00まで開館。
「六本木アートナイト2019」開催に伴い、5月25日(土)は翌朝6:00まで開館。
休館:会期中無休。
HP:https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/roppongicrossing2019/