マリタ・リウリア展「Golden Age」

表参道スパイラルは、2019年1月5日(土)から1月17日(木)にて、フィンランドを代表する現代美術作家のマリタ・リウリア(Marita Liulia)の個展をスパイラルガーデンにて開催します。

アートとリサーチの取り合わせ、文学的思考とビジュアルアーツの結びつき、テクノロジーへの飽くなき探求心、性差への問い。
マリタ・リウリアは、美術史上にないものを創造したいという情熱のもと唯一無二の世界観を確立し、常にフィンランド現代美術界の第一線を走ってきました。時代に即した表現を試みる彼女の作品は、メディアアート、絵画、写真、インスタレーション、ステージパフォーマンス、ショートフィルム、書籍、ゲームなど広範に及びますが「境界を超えること(Crossing Boundaries)」が全ての作品に通底し、自身の内的世界を探る多様なテーマに挑んできました。
1990年代には世界に先駆けメディアアート作品を発表し国際的に評価され、2000年以降彼女の創作はより精神世界に入り込み、生きるすべや宗教観に焦点を当てています。

本展覧会では、2016年にフィンランド郊外のSerlachius Museum Gösta(セルラキウス ミュージアム ゴスタ)にて開催した大規模個展「Golden Age」をもとに新作絵画と写真作品を加え再構成し、リウリアによる近年の作品が一堂に介します。
絵画作品は、難民問題、自然災害、異常気象、環境汚染といった世界の現状が物語として表現され、フィンランドの人々を撮影した写真作品からは、長年世界各国を旅してきたリウリアが今改めて故郷フィンランドへ向けるまなざしが感じ取れることでしょう。
さらに、会期中には、アーティスト本人が会場にて作品を制作する様子をご覧いただけます。

国際的に活躍してきたマリタ・リウリアが、Golden Age:黄金期をキーワードに、観客と対話しながら個々にとって、そして共同体にとっての黄金時代を考察し、美と神秘性を再定義します。日本での個展は、2004年の原美術館以来15年ぶりの開催となります。

この機会にぜひ掲載のご検討をお願いいたします。

【本展覧会の見どころ】

タイトルの「Golden Age」には3つの意味が込められています。

1つ目は、アーティスト自身における「黄金時代」です。マリタ・リウリアは、1980年代にアーティストとしてのキャリアをスタートさせ、以降世界各国で経験を積み、今まさに作家としての円熟期を迎えます。出展作品は、絵画、写真、映像と今まで積み重ねてきた作品からの応用が見られることでしょう。

2つ目は、素材としての「金」です。本展に出展する絵画作品は全て、最初にキャンバス一面に黒い溶岩の顔料が塗られることから始まります。今にも吸い込まれそうな暗黒をベースに「金」を主とした絵の具で描き出される絵画。黒と金の対比に目を奪われることでしょう。

3つ目は、フィンランド美術界の「黄金時代」です。1917年にロシア帝国から独立したフィンランドで、アーティストたちが自国のアイデンティティを強く打ち出そうと活動をした時期が第一の黄金時代、そして、1960-70年代、経済発展と福祉社会の確立を遂げ、フィンランドが世界に名を馳せる国に発展した時期を第二の黄金時代とマリタ・リウリアは捉えています。そして、第三の黄金時代はいつなのでしょうか?

国にとって、個人にとって、Golden Age:黄金時代とは何なのか。
経済恐慌、自然災害、宗教、そして難民など、世界が抱える問題に対し、アートができることとは。彼女は問い、思考を促します。

【アーティストプロフィール】

マリタ・リウリア Marita Liulia

フィンランドを代表する現代美術作家。フィンランドのヘルシンキとヘイノラを拠点に活動。ヘルシンキ大学で文学と政治史を学び(BA、1986)、アアルト大学でビジュアルアーツを学ぶ。メディアアート、絵画、写真、ステージパフォーマンス、短編映画、書籍、ゲームなどその表現方法は多岐にわたる。世界50カ国以上で展覧会を開催、20カ国以上の大学で講演を行なう。2004年にアアルト大学(フィンランド)から初のアーティスト・イン・レジデンスの招待を受ける。主な個展をKiasma(ヘルシンキ)、フィンランド国立美術館(ヘルシンキ)、アモスアンダーソン美術館(ヘルシンキ)、原美術館(東京)、Conde Duque(マドリード)、バンコク国立博物館(バンコク)、ノイムンスター修道院(ルクセンブルグ)で開催。パフォーマンス公演は、ヴェネツィア・ビエンナーレ、Théâtre du Châtelet(パリ)、The Joyce Theater(ニューヨーク)、J.F. Kennedy Center(ワシントン)、国立オペラ座(フィンランド)などで実施してきた。The Prix Ars Electronica in Austria (1996) 、The Prix Möbius International in France (1996, 1999)、The Finland Prize、The Finnish Cultural Fund Prize、Erik Enroth Prize、Stina Krook Foundation Prize (2008) など権威ある賞を多数受賞している。

展覧会情報

マリタ・リウリア展「Golden Age」

会期:2019年1月5日(土)―1月17日(木)
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
   〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23
   東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅B1、B3 出口すぐ
時間:11:00―20:00
入場料:無料
お問い合わせ:03-3498-1171(スパイラル代表)