【レポート】国内最大規模!とイタリア・バロック美術との関係を明らかにする『ルーベンス展―バロックの誕生』

現在、国立西洋美術館にて開催中の『ルーベンス展―バロックの誕生』。バロックと呼ばれる壮麗華美な美術様式が栄えた17世紀ヨーロッパを代表する画家であり、「王の画家にして画家の王」と呼ばれたほどの存在であるペーテル・パウル・ルーベンス。本展覧会ではルーベンスの作品を、古代彫刻や16世紀のイタリアの芸術家の作品、そしてイタリア・バロックの芸術家たちの作品とともに展示。彼とイタリア・バロック美術との関係を明らかにする、近年では国内最大規模のルーベンス展をご紹介します。

ルーベンスとイタリアとの双方向の影響関係

バロックと呼ばれる壮麗華美な美術様式が栄えた17世紀ヨーロッパを代表する画家であり、「王の画家にして画家の王」と呼ばれたほどの存在であるペーテル・パウル・ルーベンス。日本国内では名作アニメ『フランダースの犬』より、主人公ネロと愛犬パトラッシュが力尽きる直前に、アントワープの聖母大聖堂にある祭壇画を見上げるシーンがありますが、その祭壇画『キリスト降架』を描いた作者として知られています。当時のイタリア・ローマはヨーロッパ政治の中心でした。イタリアは古代美術やルネサンス美術が栄えた地であり、バロック美術の中心地はローマでした。フランドルのアントウェルペンで育ったルーベンスは、幼いころから古代文化に親しみ、イタリアに憧れを抱きます。本展覧会ではそのルーベンスの作品はもちろんのこと、古代彫刻や16世紀のイタリアの芸術家の作品、そしてイタリア・バロックの芸術家たちの作品とともに展示。本展覧会はルーベンスのイタリアとのかかわりや、双方向の影響関係性に焦点を当てて紹介しています。

「王の画家にして画家の王」と呼ばれた、ペーテル・パウル・ルーベンス


ペーテル・パウル・ルーベンス(1577-1640)は、スペイン領ネーデルラント(現在のベルギー、ルクセンブルクを中心とする地域)のアントウェルペンで育ちました。由緒ある家柄の息子だったため、宮廷人となるべく高度な教育をほどこされましたが、画家への思い捨てがたく修業をはじめます。修業を終えるてから、1600年から08年までイタリアに滞在しながらも修業し、古代美術やルネサンスの美術を咀嚼しつつ、当時の最先端の美術を身につけた画家へと成長しました。アントウェルペンに戻ったルーベンスはこの地を治める総督夫妻の宮廷画家となり、大規模な工房を組織して精力的に制作に励みましたが、一方で外交官としても活動します。彼はスペインやイギリスなどに赴き、当時戦乱のさなかにあったヨーロッパに平和をもたらすべく、奔走しました。その際も各地の宮廷のコレクションを熱心に研究し、自らの制作に役立てました。彼は光と動きにあふれる作品によって、当時ヨーロッパで流行したバロック美術を代表する画家となりました。

バロック美術の発展に拍車をかけた


ルーベンスによる古代彫刻や16世紀作品の模写、濃密な動きを表現している神話画や宗教画、家族や親しい人々や公的な肖像画まで、幅広いジャンルを柔軟に手がけたことに驚かされます。若い頃から極めて有能だったルーベンスは、イタリアの若い画家たちに多大な影響を与え、バロック美術の発展に拍車をかけていきました。ルーベンスのイタリアとのかかわりや、双方向の影響関係性に焦点を当てている本展覧会から、イタリア・バロック美術との関係に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。また、会期中には講演会やスライドトークショーなどのイベントなどが展開されます。ぜひ、国内最大規模のルーベンス展に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

展覧会情報

ルーベンス展―バロックの誕生

会期:2018年10月16日(火)~2019年1月20日(日)
会場:国立西洋美術館
時間:9:30~17:30 毎週金・土曜日:9:30~20:00
(ただし11月17日は9:30~17:30まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(ただし12月24日、1月14日は開館)、2018年12月28日(金)~2019年1月1日(火)、1月15日(火)