【レポート】『アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990 年代』

現在、東京国立近代美術館にて開催中の『アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990 年代』。アジア各地の現代アートの黎明期である1960年代から1990年代に焦点をあて、10を超える国と地域から激動の時代に生まれた挑戦的かつ実験的な約140点の作品を一堂に集め、その共通点と違いを発見する試みの本展覧会をご紹介します。

近代美術から現代美術への転換期

東京国立近代美術館、韓国国立現代美術館、ナショナル・ギャラリー・シンガポールと国際交流基金アジアセンターによる、アジアの戦後美術を再考する、5年に及ぶ国際共同プロジェクトの集大成である本展覧会は、時系列や国・地域の枠にとらわれず、テーマごとに分類した3章から構成されています。
第1章では「美術」の表現方法が多様なメディアに拡張していく局面を、第2章では新しい芸術動向が展開した「都市」という舞台を、第3章では社会の変革につながる「集団」を形成するアートの力を考察します。東アジア・東南アジア・南アジアという広範囲を対象に、1960 年代から1990 年代に発生した、近代美術から現代美術への転換期に焦点をあてており、アジアの多様な歴史とアートの変化をつなぐ、いくつもの視点が盛り込まれている、他に類を見ない展覧会です。

多様なアヴァンギャルド・アート

本展覧会では、日本、韓国、台湾、中国、香港、インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、マレーシア、インドなど、10を超える国と地域の90組以上の作家による約140点の作品が東京に集結し、絵画、彫刻、版画、写真、映像、パフォーマンス、インスタレーションなど、多様なアヴァンギャルド・アートを一挙に紹介しています。様々な表現方法によって生み出された作品は、鑑賞しているだけでも心躍るものですが、さらに作品のメッセージが汲み取れた時、新たな発見を楽しむことができるでしょう。
例えば、こちらのジム・スパンカットによる《ケン・デデス》は、古代ジャワの女神ケン・デデスの胸像と、ジーンズ姿の半裸の女性像のイメージが無理やり縫合した作品です。異文化衝突のインパクトとインドネシアの複雑なアイデンティティを物語っています。

アジアとの新たな関係を築くヒント

1960年代から1990年代のアジアは、植民地支配からの独立と急速な近代化、東西冷戦によるイデオロギーの対立やベトナム戦争の勃発、民族間の対立や民主化運動の高揚など、社会を揺るがす大きな出来事がつづきました。
本展覧会にて紹介しているのは、その時代を生きたアーティストたちが、自らの生きるローカルな現実にとって、「美術」とは何かを問いかけ、既存のジャンルにとどまらない表現方法を開拓した末に生まれた、挑戦的かつ実験的な作品の数々です。
近年、インバウンドによる関係からアジアからの観光客が急増し、日本とアジアの文化交流が新たな段階に移行しています。時代や場所の異なるアートを、国の枠組みを越えて比較することで、思いがけない響き合いを発見する体験は、アートと世界の見方を変え、アジアとの新たな関係を築くヒントに繋がるでしょう。

 

美術展情報

アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代

会期:2018年10月10日(水)~12月24日(月・休)
会場:東京国立近代美術館 1F 企画展ギャラリー(東京都千代田区)

時間:10:00-17:00(金、土は20:00まで)入館は閉館30分前まで
休館日:月(12/24は開館)
主催:東京国立近代美術館、国際交流基金アジアセンター、韓国国立現代美術館、ナショナル・ギャラリー・シンガポール
巡回:韓国展:2019年1月31日(木)~5月6日(月)、韓国国立現代美術館
シンガポール展:2019年6月13日(木)~9月15日(日)、ナショナル・ギャラリー・シンガポール
HP:http://www.momat.go.jp