【大切なおしらせ】新型コロナウイルスによるサイト休止・活動縮小のおしらせ

【グッズ】『オルセー美術展特別企画 ピエール・ボナール展』の色彩豊かで愛らしいグッズをご紹介!

現在、東京六本木の国立新美術館にて開催されている『オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展』。浮世絵の影響が顕著な装飾的画面により「日本かぶれのナビ」と異名を取り、19世紀末フランスでナビ派の一員として活躍した画家のピエール・ボナール。本展覧会では、オルセー美術館のコレクションを中心に、国内外のコレクションと合わせ、様々なジャンルの130点超の作品で構成されている大規模な回顧展です。会場のショップには、色彩豊かで愛らしいボナール作品から着想を得たグッズが販売されています。是非、会場に足を運んだ際には、併せてショップにも立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

気の知れた方へのプチギフトに最適なグッズ

紅茶専門店や洋菓子店とコラボレーションした商品が販売されています。ボナールの作品をあしらったオリジナルパッケージ…1000円までとお値段もお手頃なので、日頃お世話になっている職場の方や知人・友人へのちょっとしたプチギフトとして最適です。きっと、贈ったそばから会話が生まれるキッカケとなることでしょう。

文房具好きに嬉しい!YOJO TAPEや クロッキーブック

 

こちらは文房具好きさんに嬉しい商品ではないでしょうか。マスキングテープの「おしゃれで多様な使い方」と養生テープの「水に強くて丈夫、手で真っすぐ切れる、貼ってはがせる弱粘着」をドッキングさせたYOJO TAPE。そして、marumanとコラボしたクロッキーノートの表紙には《庭の女性たち》がプリントされているほか、内部には《フランス=シャンパーニュ》のぬり絵が施されています。自分だけのボナールを創り上げてみてはいかがでしょうか?

浴槽を多く描いたボナールにちなんだお風呂グッズ

本美術展レポートでもご紹介した生涯にわたりボナールのミューズであったマルト。マルトは神経症を患っており、1日に何度も入浴するため、晩年の家には当時としては贅沢な浴槽を備え付けたのだそう。本展覧会の4章「近代の水の精たち」では、そんなマルトの姿を妖艶に捉えた作品が、数多く展示されています。ボナールが化粧室や浴室にて女性の裸体を主題とした作品を生み出したことから、本展覧会グッズではお風呂グッズが数多く展開されていました。ご家庭でも気軽に温泉気分を味わうことができる展覧会オリジナル風呂桶にはじまり、可愛らしい表情で見るものを虜にする《白い猫》の手ぬぐいや、“ます”と“増す”をかけて、「幸福が増す」「益々めでたい」と洒落っ気がきいている商品まで!

会場ショップには紹介した商品以外にも幅広く展開され、その用途や種類も実に様々な商品を取り扱っています。是非、会場に足を運んだ際にはショップにも立ち寄り、様々な商品から自分のお気に入りを見つけ、ライフスタイルにアートを取り入れてみてはいかがでしょうか?

美術展情報
オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展
会期:2018年9月26日~12月17日
会場:国立新美術館 企画展示室1E
東京メトロ千代田線乃木坂駅6出口直結

開館時間:10:00~18:00(金土~20:00)
休館日:火
展覧会HP:http://bonnard2018.exhn.jp
企画展HP:http://www.nact.jp